84歳で携帯を初めて持った父の言い分

もう、20年以上一人暮らしをしている84歳の父。

まだ、自動車も運転して、みかんの世話や収穫をしたり、出荷したりしている。

その父が、初めて携帯を持った。

娘2人からすると、何か緊急の時、すぐに連絡ができて安心なので

父には、山や畑に行く時にも携帯して欲しいと思っている。

でも、父にも言い分があった。

「携帯は水に濡れると壊れると聞いたけん、山には持っていかん方がええろ。

山仕事したら、汗かいて携帯が濡れてしまいそうやけん。壊れたらいけんし。」

う〜ん。そうくるか〜。

妹と2人で、どう伝えれば、父は携帯を携帯してくれるのか、

ただいま思案中。

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。