死んじゃった人は…

今朝は冷たい雨。

私:『ゆうたー、濡れちゃうから傘さしてねー』

と言って息子(5歳8か月)を見ると心配顔。

息子:『ママ?雨はどこから降るの?』
私 :『(何が聞きたいのかな…)お空からだよ。
雨雲からポタポタ降ってくるよね?』
息子:『…。』

的はずれなことを言ったかな…

息子:『じゃあさ、死んじゃった人は…?
お空にいるんでしょ?』
私 :『!!!
もしかして、お空にいるから
濡れちゃうと思ったの?』
息子:『うん。』
私 :『雨雲よりも高いところにいるから
濡れないと思うよー。
ママのおばあちゃんのこととか心配してくれたの?
やさしいねぇー(о´∀`о)』

亡くなった祖父母たちがお空にいて、
息子や私たちを見守ってくれているんだよ、
と話したことを覚えていてくれたようです。
こんな心配をするなんて!

びっくり&ほっこりした朝でした。

*写真は3年前、傘をさしはじめたころの息子です

ABOUTこの記事をかいた人

坂元 悦維(ぴぃ)

さいたま市在住です。 2012年6月に”お母さん”になり、 2015年10月にお母さん大学に入学しました。 息子と2人で毎日バタバタとすごしています。 よく食べ・よくしゃべり・よく笑う♪がモットーです!