今年の花見におススメ!日本三大桜 山梨県「山高神代桜」

毎年のように通い詰めている

日本三大桜の『山高神代桜』

観光案内によれば

福島県の三春滝桜・ 岐阜県の淡墨桜と並ぶ 日本三大桜の一つです。

推定樹齢1,800年とも2,000年とも言われるエドヒガンザクラ、
その想像を絶する悠久の時を超えて咲き続けるさまは、神々しく、
見る人は思わず手を合わせるとも言われ、全国の桜を愛でる人たちの崇敬を集めてきました。

樹高10.3m、根元・幹周り11.8mもあり、日本で最古・最大級の巨木として、
大正時代に国指定天然記念物第1号となりました。
また、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されています。

伝説では、神話の武将ヤマトタケルノミコトが東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。
また13世紀頃、日蓮聖人がこの木の衰えを見て回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも言われています 。

 

さすが

日本三大桜だけあって歴史が深いです

 

一昨年は最高の花見日和

桜の満開に合わせて抜けるような晴天

 

山高神代桜から少し離れたところに

約750メートルの桜のトンネル

眞原(さねはら)桜並木があります

 

山高神代桜よりも

100メートルくらい標高が高いところにあるので

例年だと山高神代桜が満開になった

1週間後くらいが見ごろ

 

ここは桜のトンネルだけではなくて

その脇にある枝垂桜も見どころの一つ

満開の時は

まるでピンク色の滝を見るような感じだし

ソメイヨシノよりも濃いピンクが

写真映え抜群

 

桜のバックには甲斐駒ケ岳

ドラマのロケで使われて有名になったようで

毎年花見客が増え続けているらしいです

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。