お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

桜の結婚記念日

今日は両親の45回目の結婚記念日でした。

朝、忙しく、おめでとうのメッセージに仲良くこたつでミカンを食べている画像(私の老後の理想像)を添えて。

 

夜、改めてゆっくりテレビ電話で会話。

45年目の今

思うことを尋ねると

「あと何年こうして迎えられるかわからないから、今まで以上に大事にしないとと思うわ。。。」と母。

父は照れくさいのか飄々としている様子。

離れたところでこの言葉を聞くと

なんだかとても胸がキュッとしました。

昼間

二人で桜を見に行き(父は目がよく見えないので母が手を引き。。。)

美味しいお昼を食べてきたとのこと。

その情景がまざまざと想像でき

またまた胸がキュッとなり。。。

お互いに今さらありがとう!を言いにくいようで…

でも孫に急かされて感謝の気持ちを伝えた母。

孫に代弁を頼む父。

もどかしさの中で

ああ

いつまでも元気に仲良くいてほしいなあ

そう思った桜の結婚記念日でした。

 

8件のコメント

離れているから、近くに感じる親子。

わが子が笑顔で生きていれば、それが、親の喜びです。

村本さん、いっぱい親孝行しているね。

桜の木が、笑っています。

感慨深い時間で。。。
*我が子の笑顔が親の喜び*
本当にそうですね。
いくつになっても「子どもだ~私」を感じた時間でした。

実は、私たちの結婚記念日も昨日でした。
村本さんのご両親の結婚記念日と一緒なのですね。
なんだか、ご縁を感じました。
ご両親のように素敵な45回目の記念日まで、主人とともに歩めたらいいなあと思います。
そして、村本さんのように笑顔で生きてくれる娘や息子でいてくれたらと
あらためておもいました。

高木さん、結婚記念日おめでとうございます!
私もご縁を感じます。
綴ることでまた違った気づきや喜びが見えてきますね。
私も両親のように末長く共に歩んでいけたらと思います。

写真だと思ったら 絵だったのですね。
素敵♪

まるで映画のワンシーンのように
お話が展開されて こちらもジーンと
してしまいました

家族のつがりを感じます

桜の季節のお祝いはいいですね。
それぞれが*自分*という名の映画の主人公だなあと
最近実感しています。
*人生いろいろ*学び中です。

あと何年一緒にいるかわからないから・・・
そこから色んな夫婦の形があるんだなと思いました。
一緒に過ごすことを大事にする夫婦がいるし、反対にそれぞれ自分の好きなことをしようと思う夫婦・・・
後者が私達夫婦です。
夫は午後になって「花見に行ってくる」とビールとつまみをもって一人で近所の土手へ行きました。
一人酒なのか途中で誰かが加わるのか・・・知りません。
そして私はこんな風にパソコンを打っています。

コメントを残す