お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

ハタチの息子と夕飯を。

DSC_0075

色々あって金欠だと言う二十歳の息子が、

昨日夕飯を食べに来ました。

 

なぜ私に二十歳の息子が?!

は、『新成人の母ごころ』

も、ご覧になってください(^^)

学童保育指導員時代に、巣立ちを見届けた男の子が、今年、二十歳になりました。

 

『カレーなんだけど、いい?』

我が家へ到着した息子に聞くと

『マジ!カレー、本当に食べてないんだよね!』

と、変わらぬ素直な反応。

いつもより濃いめの味付けにして、ポテトサラダも多めに作り、

スナップえんどうも添えて、春の物も食べさせたい。

ビールを飲む二十歳のおつまみが、揚げ物や焼き鳥で喜ばれるのも何だか頼もしい。

 

野球好きな夫と二人、腕を組み、野球観戦!

ヤジを飛ばしたり選手談義をしながら、我が家の娘を可愛がる。

本当の妹と思って大切にすると言ってくれたのも

この子だった。

 

不思議なもので、小学生、学童期はとっくに終わっているのに

私とこの青年の付き合いは続いている。

実は他にも何人か、いまだに私と付き合いを続けてくれる子がいる。

 

私にとって、いまだに付き合いが続くほど、続けたいほど

この子たちの毎日の成長は、輝いていた。

明日は自転車乗れるかな。

明日は歯が抜けるかな。

今も自分の娘をネコ可愛がりしてしまうが、

この頃の私も負けてない。

 

すっかり、する事も言う事も大人になって、

昨日のお笑い見た?!なんて話していた子が

今じゃ職場の人間模様を話したり

実家の心配をしている。

 

何歳になっても、

人が成長していく姿は楽しみで興味深い。

 

それも、今でも慕ってくれるおかげ。

うちへ来てくれると、なぜかホッとする。

 

そしてうちの娘は、

これからあの道を辿ると思うと

また、色んな想像が膨らんでいく。

 

まだまだ始まったばかりの、私たち親子の成長記。

それに気づかせてくれる兄、姉たちに感謝。

6件のコメント

息子を別口で育てているのが今時スゴイですね。
これは暖かい人間関係を作っていた過去の愛着関係が懐かしいから寄ってくる別口息子の例かな。
更に関係は豊かになりますように。

この子の場合は、私に『毎日叱られ続けたからこその愛着関係』ですね(笑)
あれだけ叱られたけど、自分を思ってくれていると思っているそうなので、
思いが通じたと、ホッとします。

吉村さんのお母さん力を、上げてくれた息子だね。

彼のおかげで、今、いい子育てにつながっているね。

大きなお兄ちゃん、将来、娘さんをかわいがってくれるね。

妹だから。

本当によく鍛えられました(笑)
私の母力のチェックマンでもあった気がします。
ちゃんと愛してくれているか、難しくなった高学年では特に試されました。
将来、自分の世話もしてほしいそうです(笑)

コメントを残す