コガタスズメバチの徳利型の巣は、紙漉きで作った上質の和紙のよう!

勝手口の外の天井に妙なものがぶら下がっていると夫。
見に行ってみると、徳利を逆さまにしたような物体が下がっている。


ネットで調べてみるとコガタスズメバチの初期の巣だとわかった。
女王蜂が1匹で作るらしいのだが、今はいない様子。
朝の餌を採りにでも行っていたのだろう。

今まで気がつかなかったけれど、いつの間に作ったんだろう。
そういえば庭でスズメバチらしき蜂が飛んでいるのは見た気がするが
まさかわが家の軒下に作っていたとは知らなかった。

巣の後期はこんなに大きくなるようだ。
左はコガタスズメバチ。
コガタとはいえやっぱりスズメバチ。
十分大きい。

今は直径7センチほどだが、巣が大きくなる前に駆除することに。
払い落とすと、中には卵と少し大きくなった幼虫がいた。
巣が泥で作られているとトックリバチらしいが
質感をみると薄い和紙のよう。
使った木の違いで綺麗な縞模様が現れている。

早く気がついてよかった・・・のかな?

ABOUTこの記事をかいた人

横須賀市の西海岸沿いに住んでいる金子涼子です。 趣味は庭仕事とお出かけ着物ライフ。猫とまったりすること。 夏も麻着物で着物ライフ楽しんでいます。 暑くても着物を着ると、シャキッとするから不思議です。 元旦はここ数年着物で迎えています。 仕事の合間に、庭の草取りや家庭菜園の手入れをしています。 時々電話に出られないのはそのせいです。 こんな私ですがよろしくお願いします。