お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

怒られた

今日、

突然、怒られました。

最初びっくりしまして、

とりあえず謝りましたが。

 

「怒り」

という感情って何だろう?と考えました。

 

 

「自分の思い通りにいかない時」

に沸き起こる感情、

ですかね?

 

人間、誰しも

持っているものですよね。

 

子育て中なら

なおさら出てきますよね。

 

 

同じようにしていても

暖かい言葉をかけて下さる方もいて。

 

その一言で

パッピーになったり落ち込んだり。

 

 

大人になって

こんな体験もあまりないので

お母さんに怒られた

子どもの気分を味わえたみたいで

 

 

お母さん大学に入って

良かった♪

 

え?そこ?

 

 

 

4件のコメント

わ!誰の記事だろう~と思っていたら、
意外(!?)土居さんでしたー!!
何があったんでしょうか?
そちらが気になります。
ホント、いつも私はこどもに怒ってばかりなのに、
同じように怒られたら、こどもたちの気持ちがわかりますよね。
でも、「怒り」は表面に出て来る感情で、
もっと潜在的に「悲しみ」や「悔しさ」「腹立たしさ」「虚しさ」など
色んな気持ちが「怒り」になりますもんね。
その奥底がわかれば、もっとお互いに過ごしやすくなるのに~と
いつも思いながら、私もまだまだ修行の身です!

土居さん
初めてコメントさせていただきました♡
今日も頑張りましたね〜!
そんな中での貴重な経験でしたね。

「雨の中、わざわざありがとうございます。」と、
労いの声をかけてくれる方。
かたや、個人都合で一方的に感情をぶつける方。

自分の感情的な態度が、誰かを傷つけているのなんて
考えもつかなかったのでしょうか。
ましてや教育に携わる身なら…
とても残念な気持ちになりました。

でも、土居さんのお母さん大学の仕事をしていればこその経験だなんて、とってもステキな解釈です!
私も見習わなくちゃ!

怒りの感情は6秒間我慢すると消えるらしいですよね(*_*)
怒って言っても、残るのは後悔ばかり…
『怒りは自分に盛る毒』です!
(なんて言って毎日怒ってます笑)

コメントを残す