お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「無駄」に真剣になれる大人になりたい

【ニュースな人】京大生が青春を賭ける「キャップ投げ」とは

生産性のなさそうな、いわゆる無駄なことに没頭できる人が好き。

ものすごく真剣に、ペットボトルのキャップを投げるって…。

こんな魅力ある人が世の中増えてほしい。

こんな人が増えたら、子どもが例えば何かに躓いても、この世界ならいける!ってことが見つかりやすいんじゃないかと思うし。

※写真は秦野にあるとっても大きな木。

2件のコメント

コメントを残す

ABOUT US
曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/