人生を豊かにする性の話 ドキドキ「大人編」その2

昨日に続き、5月のさおかお母さんカフェでの村田さんの人生を豊かにする性のお話の藤田さんレポートです。

〇藤田さんレポート〇その2

「AVは男性のファンタジーです。
あんなことして女性が喜ぶと思ったら大間違い!」
「性=セックス=挿入して射精して終わり、ではありません。
それじゃあ女性はちっとも楽しくないですよね。」と
過激な言葉がポンポンと飛び出す村田さん。
皆とまどいながらも、メモメモ・・・。

「最近は、ネットとかの情報が溢れていて
誤った性知識が鵜呑みにされているし、
AVを教科書のように思っている若者も多いですが
それは違います。今こそ正しい性知識が必要です。」
そうですよね、子どもたちはどこから性の情報を
得るかというと、そういうところからですよね。

◎セックスで大切なのは、
スキンシップでのコミュニケーション。
セックスするときは、副交感神経が働くので、
リラックス、安心感、信頼感が一番大事なんだそうです。
手をつなぐだけでもいいし、
見つめあうだけでもいい。
優しくされるのはセックスの始まりとか・・・。

◎女性は「言わなくてもわかって欲しい・・・」と思うけど
男性は「言わないとわからない」。
「自分はどこをどうしたら感じるのか、
開発しないと快楽は得られません。
そしてお互いが自分のオーダーをどう伝えるか。
上手にリードして、自分から快感を取りに行くことが
一番ですよ。」と教えてくれました。               そ・・・そうなのかぁ。

今日は、ここまでです。明日の藤田さんレポートは最終回。

どんなお話が飛び出してくるかお楽しみに。(^○^)

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。