息子あるけば

息子あるけば、、、あたるもの。

 

枝にネジ、コインにガラスのかけらたち。

 

 

一度歩くだけでコインが4つくらい見つかったこともあって、よくもまぁ、こんなに落ちてるものなんだなぁとびっくりする。一年で何ドルくらいみつかるのか、密かに私の楽しみでもある。

 

ネジも、どこから落ちたの?と思うくらい結構な頻度でみつける。

 

ガラスのかけらは、息子から“キラキラ石”と呼ばれていて、今現在、みつけてうれしいもののトップに君臨している。

 

こんなに夢中になってひろっていたら、少し遠くでまってるしか、、、ないよね。

取りたい放題です。

息子あるけばあたるもの。

 

 

 

4 件のコメント

  • あった あったわ。
    外から帰って服を着替えた後、必ずポケットからは小石がゴロゴロ。ピカピカな物が、訳のわからないものが出てくるのです。 一応断って捨てようとすると、77ダメ 大事なの!」 日を追うごとに増えていく。
    増えたものを分類してもらう。私の分け方とは違う、
    その子の価値観が有るのですね。
    それでも大きくなるにつれて、邪魔になり処分してもらいました。中にはへんてこりんな創作物に変化したのもありましたが、ゴミ!
    今、立派な大人になって、まだ必要なのかと処分を依頼したら、「懐かしくて捨てられない!」と。
    あ〜まだ卒業してなかったのね。
    経済的価値は無いものの 本人が必要だったのだし、まだ価値が有るのなら、自分で保管してもらいます、
    3*年間箱の中に詰まっていた小石やキラキラものも彼女の宝物。 子孫に美田は残さず。小石なら良いですよね。 幼心はある方がいいのが私のスタンス。
    子どもとの形のある思い出ですよね。
    いつかそこから物語が生まれるかもね。
    それで良いのだ!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    2013年の夏、お豆のような小さくてかわいい男の子の母となりました。 ✰***わたしの夢*****✰ トランペットを一生楽しむ! 毎年佐賀バルーンフェスタのボランティアをする! 自分の家で季節の習い事教室を開く! フルムーンチケットで夫婦旅をする!