旧暦の7月7日の空

今年の七夕祭りは旧暦の7月7日にしました。

新暦でいうと、8月17日。

7月7日から飾っていたミニュチュア七夕飾りを縁側へ置いて
夜空を眺めながら夕食をいただきました。

その日の夜空には、半月に近い月とその左下に木星、そして、山の端に沈みかけた金星、
天野川付近に土星が見え、火星が東の空から上がってきていました。
(上の写真には月と木星と金星が写ってます。見えにくいかもですが。)

もちろん、おり星とひこ星も見えました。

主人と二人の静かな七夕祭りは、柔らかな月の光の中、夜空のショーを堪能できました。

旧暦の7月7日の七夕祭りを、来年からも続けてみたいなと思ったことです。

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。