お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

娘の方が大人

昨日、家族で3時間昼寝してしまった。

娘は普段、お昼寝0分。
たまに30分~1時間。
基本お昼寝したくない人。

昨日は外にいた時間が長くて眠そうだったし、何より父母が眠かったので半ば強制的にお昼寝。

そしたら寝過ぎた…。

いつもより1時間遅く寝かしつけ始めたけど、娘は全然眠れない。
私はあれやこれや、片づけたいこと、やりたいことで頭いっぱい。

30分くらいは
「早く寝ようね、明日早く起きないといけないから(←母の都合)」
だんだん
「もう、早く寝てよ!お母さん明日の準備とかしないといけないし、早く起きなきゃいけないんだよ!!!」

こんなのが繰り返されて、娘はとうとう泣いてしまった。

そりゃそうだよね、お母さんの都合で昼寝たくさんしたからなかなか寝られないのに、お母さん怒ってるなんて。

泣きながら「おかあさん!ごめんね!!!」と叫ぶ娘。

ああ、娘の方が大人。

6件のコメント

わかるなぁ。

私も、早く、自分のことがやりたくて、
子どもを寝かせよう、寝かせようと、イライラした経験が。

こんな作戦どう?

子どもは眠くなったら、寝ます。
だから、絵本を数冊、まくら元に置いてあげる。
好きなだけ、読んでいいよと。

そして、お母さんは好きなことする!

これから、ひとりで寝てくれたら、お母さんも助かる。

でも、一緒に、よしよしと寝るのも、今だけだからなぁ。

やっぱり、もとい。
こんな日は、お母さんはやりたいこと、きっぱりあきらめて、

わが子と、夜遊びする。

絵本読んだり、お話したり、星を眺めたり、夢を語ったり…

ふたりで、夜中にバタンと眠る。

あ~、私は、だから、子育てアドバイザーになれない。

ありがとうございます!
1人で寝られないのです。
さらに私のやりたいことが寝る部屋の外だったのでますますイライラしてました。
最終的に、お父さんに絵本読み聞かせをお願いして、私はやることやってるうちに2人で寝てくれました。
あきらめきれない、私です(笑)

>1人で寝られないのです。

娘、それともお母さん?

それも、時間の問題です。
今を楽しんで。

久留米の池田さんは、一度、一緒に寝て、
夜中に起きると言っていました。

私は、そうすると、そのまま朝まで寝ちゃうな。

お母さんは本当に大変だよね。

1人で寝られないのは、娘です(笑)
今だけなんですよね、頭ではわかっているのですが…
一緒にねちゃった時起きられる日起きられない日、私はいろいろです~

藤本さんのいろいろな想定を考えてる感じが、なんかほっこりあったかくなりました(笑)
さちえさん、スケジュール通りに行かんよ。
〆切に追われとる?
昼寝3時間したくらいやけん、さちえさん疲れとるんやろねー。
そんな日もあるあるで乗り切ろうか(笑)
抜いたり緩んだり、ルーズに過ごしてみよう♫
それが難しいならなおさら、それが出来るようになると楽よ(笑)

ありがとうございます!
藤本さんに寄り添ってもらえたのがすごく嬉しいですね♪
言い訳
①今週は週1のお仕事が週4+金曜も仕事に近いイベントで、いつもより早く出なきゃいけないので、夜のうちに準備しとけるものを!という感じ
②2歳過ぎたら、夜はあまり時間かからず寝てくれるから、ずっと経験してた予定通りいかない!!状態を忘れてる
です(笑)
次からはもう少し、うまいこと気持ちを持って行けそうです。

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/