ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ

我が家では、お休み前に絵本を読むのが日課。
なので寝室に本棚がある。

3才長男は絵本が大好きで、
5~6冊持ってきてはじっと聞く。
その間次男はおっぱいを飲みながら聞いてるか、
本棚から絵本を片っ端から出して遊んでる。

今日も、読んでる絵本には見向きもしないで本棚直行。

あーあ、また始まった。さっき綺麗に並び替えたのに…。

なんて思いながら、ちらちら見つつ長男に読み聞かせてると、
片っ端から出してた次男の手がハタと止まる。

表紙をじーーっと見る。

一瞬パラッとめくる。

そして、本を引きずりながら私のとこに!

それは「ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ」という絵本。

次男が初めてこの絵本を見たのは生後4ヶ月くらいの頃。
カラフルな不思議な絵と音に、受信したかのように手足をバタバタさせて聞いたのが始まり。

それから他の絵本には大して興味を示さないのに、この絵本だけはニコニコと聞く。
そんなとっておきのお気に入り絵本。

初めて自分から「よんで」と持ってきた、特別な出来事。

いやーおもしろい。

きっと初めて話す言葉は宇宙語だと思う。。

ABOUTこの記事をかいた人

日高あゆり

3歳と0歳の男の子2人のママです。 2016年に押し花インストラクターとなり、ゆるーく活動しています。