素敵兄弟

お風呂前のバタバタな時間。
次男きょうちゃんがテーブルでお茶をベチャベチャ…

もう〜!と怒ると(いや、怒ってはないけど言っただけ)わぁぁと泣きべそ。

一部始終を見ていた長男おーちゃんはマイペースに
「さきにおふろはいるねー」とお風呂へ。

ベチャベチャのテーブルを拭いたり着替えを用意してると、
きょうちゃんが泣きながら慰めを求めておーちゃんのとこへ。
これはいつものこと。

するとお風呂場から、おーちゃんの諭すような優しい声。
「あーさんにごめんねってゆっておいで?」

そしてきょうちゃんの足音。
タタタタタっと私のそばに来て、神妙な顔で、、
一礼。。

「なぁに?ごめんねってこと?」
もう一度、一礼。。
「いいよいいよ。怒ってないよ(笑)」と言うと走ってお風呂場へ。

「た!」
「ん?ごめんねってゆった?」
「た!」
「じゃあ、なかなおりーのハグしてぎゅってしておいで」

またきょうちゃんの足音。
タタタタタっと来て、私の様子を伺いながら手を拡げる。
「うん、仲直りーのハグしてぎゅー♡」
ハグするときょうちゃん、満足げにまたお風呂場へ。

「た!」
「ハグしてぎゅーした?」
「た!」
「よかったね。えらかったね♡」

ん〜たまらん♡
我が子ながら、なんて素敵な兄弟なんだとほっこりしたある日の出来事でした。

ABOUTこの記事をかいた人

日高あゆり

3歳と0歳の男の子2人のママです。 2016年に押し花インストラクターとなり、ゆるーく活動しています。