ねぇねぇ、お母さん。ありさんの救急車だよ!ありさんって優しいね。

「ねえねえ。お母さん。ありさんの救急車だよ。ありさんって優しいね。」

弱ってる虫を、ありが巣に運んでるのを見て、4歳だった長男が言った言葉。

これを聞いたとき、何と言っていいのかわからなかった。

結局、「そうだね」。としか言えなかった。

病気の虫をありが病院へ運んでいると思った息子の優しさに感動し、

弱った虫はありさんのご飯なんだよとは、伝えられなかった。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし4年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。