手術後の父を怒ってしまった私

10月1日、股関節の手術を受けた父。

私が、小5の時に母が他界してから、

男手一つで妹と私を育てた父。

長年、一人暮らしをしてきた父。

手術後、薬のせいか、ベットにじっとしてしなければいけなくなったせいか、

記憶がおかしくなっている。

85歳なのだから、しょうがないのかもしれない。

でも、点滴を引き抜いてしまった父に

怒ってしまった私。

その後、私の名前を忘れてしまった父。

悲しい現実。

しんどい思いをしてるのは父なのに

感情的に怒ってごめんなさい。

心配だっただけなんだから

怒らなければ良かった。

もう、怒らない。

だから、名前を思い出して!!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし3年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。