背中越しの会話が好きだ。

自転車の後ろによく娘を乗せています。

保育園への迎えはたいてい自転車。

保育園から近いスーパーへは、急な下り坂があり、娘のお気に入りな

道のりです。

「シューができるから」

「シューしよ」とは、この下り坂を自転車で一気に下ること。

(ジェットコースターの感覚ですね)

秋になり、日が沈むのが早くなり、太陽がすでにスーパーの方向(西)にだいぶ傾いていた昨日。

急な下り坂を自転車でシュー!!!

「たいようも、お買いものに行ってる!」

「ほら、たいようはパン買いに行くんやって!!」

出たぁ~!

なぜ、太陽が買うものがパンなのかはわからないけど、

子どもの豊かな発想力とことばのチカラ。

こんな瞬間が大好きです。

背中越しの会話は、穏やかで良いよなぁ。

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)