地震の爪痕を感じながら、感謝のあけおめ

熊本の実家に帰ってきました。

ご近所に

加藤清正公をお祀りする神社「本妙寺」があります。

そこに初日の出を見に行くのが、我が家の恒例行事。

朝一でお雑煮をいただき、

歩いて本妙寺まで

初日の出が拝める場所までは

300段の階段をのぼります。

途中途中、

熊本地震で倒れたままになっている石碑を横目に

子どもたちは一気に駆け上り、わたしもハーハー言いながらようやく到着!

たくさんの人達と共に待つこと数分

今年初のお日様が顔を出しました。

今年も家族揃って、

自分たちの足で1歩1歩のぼり、

見ることができた初日の出。

2019年はこれからだけれど、

なんだか、すでに感謝いっぱい。

生きてるだけでまるもうけ!!

どんなことがあっても、

今日のこの気持ちは忘れないぞー

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪