ゆうくさんと こんのさん①

末っ子こんちゃんは、

 

二つ上のゆうくさんを

姉とは認めていないようでして、

長女のことは、『ねぇね』というのに、

ゆうくさんのことは、『ゆうく』と呼び捨てする。

ゆうくの方が年上なのにぃ。

そのことが、とても悔しくて情けなくて、次女ゆうくさんは、よく私に『こんちゃんが、バカにしてくるー』と泣きついてくる。(そんなことで、大泣きしてっから、バカにされるんだよ。。(ーー;))

でも、次の日には、また、ゆうくさんは、めげずにこんちゃんの姉貴になろうと努力をする。

ゆうく『こんちゃん、おんぶしよっか?』

こんの『いい。ゆうくには、無理やし』

撃チーン

ゆうく『こんちゃん、荷物、持っちゃろうか?』

こんの『いい。自分で持てるし』

撃チーン

ゆうく『こんちゃん!!!!こんちゃん!!!!ゆうくねぇね(自分でねぇねと言うしかない)が、してあげるって言いよるやん!』

こんの『いいー!いいってば!いいー!せんでいい!!』

ボカボカボカボカ(ゆうく、殴られる)

ゆうく『エーーーーーーーン!!!ママーーー!こんちゃんがぁーーーーーーーーー(TдT)(TдT)(TдT)』

( ̄▽ ̄;)。。。まぁ。。こんな感じだ。

でも!ある日、

ついに!ついに!

こんなことが起きた!!!!

続く→

いやー、私自身、長女なんだけど、こういうことがあると、つくづく!妹ってスゴイと思うのでありました。。

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。