お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

地球が泣くと私たちも泣くんじゃないの?

メモっておかないと、こぼれ落ちてってしまう。
最近のわが家の宝物。

シンノスケ
ボクには3人お母さんがいる。
1人目はママ
2人目ははるちゃん
3人目はかわちゃん
(該当する皆様、いつも感謝です♪)

カレン
シンノスケが土曜夜市で買ってきたカブトムシを見ながら
「イキモノを育てるって大変なんだよ。だからママだって私たちを。。。そういうこと!」と息子に言い放っていた。

(肝心な。。。を喧騒で聞き逃してしまった、残念!
大変だけれど面白いが増すんだけれどな。
そこも伝ってるといいな)

イチカ
「地球が泣くと私たちも泣くんじゃないの?」
(SDG’Sが話題の昨今。
わが家で末っ子に地球が泣いているんだよねと説明したら、
即効でかえってきた言葉。本当にそう!!)

*画像はてんとう虫を指に止まらせて通園するイチカ。
子どもたちは友だちになる方法を一番知っている。

(お母さん記者/

1件のコメント

シンノスケくん、カレンちゃん、イチカちゃん それぞれに大切な事を良〜く理解し大切にしていますね。
日頃の人との関わり方や家族での会話がとても大切な事であることが窺い知れます。
てんとう虫を指に止まれせて通園するイチカちゃんが一番広く真っ白な心でご自分の世界を構築中なのでしょうね。
池田家の日頃のお子さんとの接触の仕方が目に浮かびます。
これからも大切にご成長してください。ステキな家族に乾杯!

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。