ゆうくさんと こんのさん②

ある日の(クソミソ忙しい)夕方 4歳三女こんちゃんが、私とパパと長女に、一生懸命何かを訴えて来てるなーとは、実は気付いていたのですが、

私もパパも長女も、何だかめちゃくちゃ忙しくて

聞こえない振りをしていました。

(わっる!ネグレストリオやん!わっる!)

いよいよ、こんちゃん、いじけて怒ってギャン泣きスイッチ入りだしそうになったその時です!!!!!

ぬん!

と、2つ上の次女ゆうくさんがやって来て、こんちゃんに言いました。

『ゆうくなら、空いてるよ』

いつものパターンなら、こんちゃんは、鼻で笑って『ふん、ゆうくには無理やし。ねぇねにしてもらうし』ってなるんだけど、

この時は、神~(T∀T)って顔で、ゆうくさんに、何かを一生懸命訴え始めました。

ゆうく『うん。うん。そうね。わかった。じゃあ、こっち来て』

と、こんちゃんをどこかへ連れて行き、それから、向こうの部屋から、二人のまぁ楽しそうな笑い声が。

すっかりご機嫌になった こんちゃん♪『ゆうくちゃーん(呼び捨てじゃなくなってる!)一緒にご飯食べよう♥️ゆうくちゃーん♥️一緒にお風呂行こう』とやたら次女にまとわりつき始め、

そして、寝るとき、いつもなら、『ママと寝るー』となるのですが、この夜は、次女のベットでいつの間にか寝ていて、隣に次女が寝られるように、ちゃんと、はしっこにちっちゃぁーくなっていました。

この並び、初めてです😲!

↑長女『なんか、こんちゃん、変やない?』と言っています(笑)

ゆうく『ほんとに、こんちゃん、ゆうくと寝ると思わんかった!ククク こんちゃん、可愛い。もうちょい、こっち来ても良いのに。狭くないっちゃかー?』と、嬉しそう(笑)照れ臭そう(笑)

ふーむ

しっかし、一体、ゆうくさんは、どうやって、こんのさんを落としたのでしょうか(笑)?

答えは→続く

↓これまでの二人の関係はこんな感じでした

ゆうくさんと こんのさん①

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。