お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

嫌々期はアップデート中

1歳10ヶ月の三男。ややこしい時期。

自分でやりたい。言葉がうまく伝わらない。もどかしい気持ちで腹が立つ。1日の半分は泣いたり怒ったり。

何をしてもダメで、こっちもお手上げ状態。

泣いてる姿が可愛いと思う反面、急いでる時や公共の場でされると「もぉー!!」ってなっちゃう。

でも、きっと周りのお母さんたちはわかってくれてると、その視線は「心中お察しします」ってことだと自分に言い聞かせる。

 

自分もそうだけど、大人は先のことを考えられるから、嫌々期がやってくる、そろそろだな、どう対応していこうかなって構えるから余計に理想と現実の違いに疲れるんだろうなって思う。

子供にとってはシンプルで、今の状態に不具合があるから最新にしようとアップデート中。

アップデートが終わった時にどんな最新の状態になるのか楽しみにしながら、今の時期を一緒に過ごそうと思う。

アップデートされつつある三男「にゅうにゅう(牛乳)」から、「にゅうにゅう、くじゃちゃい(牛乳ください)」に最新バージョン。

お話のキャッチボールが出来る日も遠くはない。

2件のコメント

1歳10ヶ・・・・まだまだややこしい時期、続くね。

今だけよ!と言う言葉をいうと、ムカつくと思うけど、
竹林さんのドタバタも、かわいいな。

なんていうと、余計、腹立つよね。

ごめん。

先日、静岡のすぎもとまこさんというお母さん記者と取材を同行したのですが、
まこさんの息子も、1歳10か月(あおちゃん)。
お母さんの取材にいつも同行していて、名刺を渡すのも、あおちゃんの仕事。
http://www.okaasan.net/hahagokoro/kozurekisyagaikuhatsuhyousisyuzai/

次号から子連れ記者としてデビューするんだけど、
竹林さんも、息子と子連れ記者やってみて。
横須賀チームにも、挑戦させたいなと思っています。

子連れ記者、最高だよ。

スゴイのよ。
新聞を置いてもらいに、あるところにご挨拶にいったら、
なんと、あおちゃんが、相手の人に突然、ハグしたのよ。
もちろん、新聞設置はOK!

だって、かわいい子からハグされたら、何だってOKだよね。
その日から、あおちゃんは、お母さん大学の営業ブチョーに任命。

今、大変なときだと思うけど、みんなで乗り切ろう。
横須賀、もうすぐイベントだね。

横須賀で親子で暴れてください。

コメントを残す

ABOUT US
竹林光未
和歌山県から横須賀市へ嫁ぎました。7歳、5歳、3歳の男の子3人と0歳の女の子 3男1女子育て真っ只中です。 「明日は今日よりいい笑顔」を大切に日々過ごしていきたいです。