母の日コンサート

生協の抽選で当たった母の日コンサート、友人と出かけた昨日はあいにくの雨の母の日。

それでも大阪城ホールには何万人だろうか、私達年代の母や更に高齢の母と娘たちの姿で埋まっている。

こんな大規模コンサートは若い頃武道館に行った以来の出来事で、当時と今の違いを感じるのも新鮮。

私達の席はバックの天井席だと知ったが、ちゃんと大画面が見えるように4面に設置してある。

今年で12回目らしいが、常連歌手は森山良子さんと南こうせつさんが中心になってきたらしい。

オープニングは「家族写真」という曲で森山さんと林部智史さんで、初めて聞く曲に歌詞がすんなり入ってくる。赤いドレスの森山さん(なんでも今回この日のために自作した)がトークとともに客の心をつかむ。最後に登場した時は「聖者の行進」をバージョンアップした歌唱力とのりの良さ、演技力を駆使した圧巻の出来栄えに私は大拍手と「最高~」の声を出した。

林部さんはカラオケバトル後にプロになり「会いたい」で有名になられたがそれは切なさを出せる魅力の声。看護師になったものの止めてしまい旅する人に・・・

母と連絡を絶った日々もあったけれど…今では母が心配してくれたことを思う・・・「まりと殿様」から始まり、童謡の持つ歌詞の意味も分からなくなる世代への危機感、音楽の教科書にも載っているけれど若い先生が選ばない時代になり、せっせと姉妹で続けられる限り歌っていくとの宣言。お姉さまの声量が妹より低下しているのは否めない。マイクの音量調節をもう少し頑張ればよかったのかもしれないな・・・この日初めてご両親を招待されたらしくアリーナ席にいらっしゃるらしい。声楽の師匠である父上は80歳でなおもリサイタルを開かれたのだとか。その息子さんはマイクは遠くに設置され、あの「千の風になって」を朗々と歌われ(私は女性ソプラノが好き)、2曲目は「ユーレイズミーアップ」を歌い上げられたのはこちらは圧巻だった。

新曲かどうかは知らない1曲目を聞き「ああ、彼女の歌い方だな・・・」そして「アナと雪の女王」の時,「ご一緒に・・・」の掛け声にいかんせん高齢者が多すぎる故、大合唱にはならずだった。そうそう、女声合唱団は何度も歌手と登場しているのにこの時にはなかったな。そして毎年サプライズ歌手の登場というのがあり、去年は氷川きよしさんで今年は・・・八代亜紀さんだった。「雨の慕情」と「舟歌」をジャズ風に歌うのが私には新鮮でいい感じ。うまい演歌歌手はジャズも歌いこなせるのは美空ひばりさん依頼数人聞いているがライブでは初。

八代さんは「母は今90歳、私のことを知らないと言います・・・でも、かわいいの。涙雨、舟歌きかせると歌いだすの、そして私をまた指さして誰?といっても知らない・・・でもかわいいの」という彼女はこれまで一杯愛された母との思い出があるからこそ、こんな母を可愛いと思えるんだろうな。

最後に母と娘として曲を出しました・・・「母と娘の10,000日~未来の扉」二人で歌う素敵な曲。

特別ゲストは黒柳さん。豪華な着物柄ドレスに身を包み司会者に手を引かれて登場される後ろ姿は少しお年を感じるけれど、おしゃべりはやっぱり楽しい人。インスタグラムが若い人に受けているらしく、若い頃の徹子さんの登場と若き日のご両親。ここで笑いが起こったのは「父はハンサム、母はキレイね。でもあなたは・・・って言われていたんです」今の時代には子どもを傷つける鈍感な言葉だと非難されるはず・・・などもおっしゃる裏側に、なんでも敏感になりすぎてしまったゆえのひ弱さを感じてしまうのは私達世代には分かる気がする。

お母さんは95歳まで生きられて、その2,3年前に鏡に映った自分を見ながら「誰?」と言われたらしく、その後顔にパックをされるようになって最後のお顔はそのために美しかったのだとか。

また晩年には「私は毎日お菓子を食べていたい、お菓子だけでいい・・・」と言われ「もう好きにしたらいいんじゃない?」と言いながら理由を尋ねてみたら「昔からお菓子だけでいいと思っていたけど、あなたがいたからそういうわけにはいかないの」

この言葉こそ、お母さんになったという責任感が詰まった言葉だなと私には母と重なる部分を感じてしまった。こうせつさんは「70歳になりました」にええ~の声。そして作ったばかりのつぶやき曲を披露され、その物語がユーモアたっぷりで笑う笑う・・・「夢人よ」の歌詞は今の日本人でこの光景が目に浮かぶ人はいるんだろうか・・・

司会者が「八代さんの雨の慕情を歌うのが申し訳なくて・・・」に、そうだ雨はどうかな一体今は何時かな・・・と現実に戻り会場を後にすると、目の前は相変わらず雨が降り続け、時計は5時半。なんと3時間半のコンサートだった。来年も来たいと思うがチケット入手困難らしい。

8 件のコメント

  • すごいメンツのコンサートだったのですね♪
    皆さん、お母さんへのメッセージ付きでいいですね!
    みっこさん、写真を投稿の中に入れて・・・このサイト使いこなしていますねー!

    友達とコンサートって最高にいいですね♪
    私もいつか、そんな母の日を(笑)

  • 美和子さん、母へのメッセージ自筆つき写真を初めて手にしたのでおすそ分けしたいと思いました。
    長くなりすぎやしないかとハラハラしていたので、一人だけ省略した方がいます。
    麻衣さんという方で、久石譲さんの娘さんだそうでお父さんと世界を回っていらっしゃるそうです。
    徹子さんがユニセフへの募金を呼びかけられて、その時には生協で500円安く買えたのでそれを・・・と
    思っていたのに帰る時には人に押されながらですっかり忘れ去っていました。

  • 体調は大丈夫でしょうか?
    とっても羨ましいです~!
    豪華な歌手の皆さんの生歌も聞きたいのですけど
    生で黒柳徹子さんを見てみたい!(笑)

    大阪版母ゴコロを読むことができてよかったです。
    投稿してくださってありがとうごさいます。
    最後から二行目の言葉にぐっときました。
    素敵な写真…載せてほしかったな(*^.^*)

  • ありがとうございます。
    今日は曇りになる予報でしたが、晴れて気温も高い日になりました。
    チケット発行を近くのコンビニ・・・の欄で、選択ミスをしてしまい少し遠いところに夕方行くつもりです。
    昨日の徹子の部屋で「両親に比べてあなたは・・・」の発言主が判明しました。
    中尾ミエさんで彼女は目を丸くしておりました。
    言った方は忘れて言われた方がずっと覚えている・・・これは人間の性ですからね。
    お互い年を取ったことでこんな話もできたのかもしれません。

  • いつもコメントありがとうございます。
    豪華メンバーですね。羨ましいです(^_^)皆さんの生歌いつか聞いてみたいです。
    そして、ドラマ「トットちゃん」をいつも見ていたのもあって、黒柳徹子さんのエピソードにはジーンときてしまいました。

  • 私達にとっては同時代を生きてきて、大ヒットを出した方々がその後も変わらず大活躍されていることが
    とても嬉しい気持ちにさせてもらうことができて、元気をもらいました。
    そんな昨日には、西城秀樹さんの訃報が入り今日もずっとどこのテレビ局も振り返りながら偲ぶ番組。
    今のコンサートを盛り上げるための仕掛けをしたのが彼であったことを知ると驚きとともに
    周辺の方々の声が人柄を感じるものであり、愛の本質を人生を通して私たちに教えてくれた人だと思いました。
    新御三家と言われる中で、私は彼が好きでした。合掌。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    池田美智子

    読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。 令和元年、初孫誕生でパワー再燃中