偶然の、いい出会いふたつ。

土曜日、仕事を終えて15時過ぎ、保育園に子どもを迎えに行ったあと、
車で15分ほどの近くの海へ直行です。
そこは、昨年見つけた、お気に入りの、人が少ない地元の海岸です。

この日、偶然の、
いい出会いが2つありました。

…………

海には小学生の男の子とお父さんがいました。

カニをつかまえる!と張り切って網とバケツと浮き輪を持った娘。
海へ入るとさっそく…
「うわっ!フグの赤ちゃんや」

「見せてー」

男の子がやってきます。

男の子は泳ぐのが上手でした。
娘はそれを見て、浮き輪でプカプカ真似しようとしていました。

そのあと、砂浜にある小さな幾つもの穴。
「掘ったらカニがおるで」とお父さん。
男の子は懸命に穴を掘り…

「出てきたっ!」
「つかまえたっ!あげるっ!」
走って娘のバケツへカニを入れてくれたのでした。

男の子の真似をして、懸命に穴を掘る娘。魚を捕まえようとする男の子についていく娘…。

「おい、そろそろ釣りに行くならいかんと。
明日の朝まで我慢するか?」
とお父さん。
「行く!」
その後、お父さんと男の子は、近くに停泊させていた自分の船で釣りに出かけて行きました。

「いってらっしゃーい!」
手を振る娘と私。
手を振り返してくれる男の子。

かっこいい親子だなぁ。

………

そして間もなく次に海へやってきたのは、スイカ一玉と、一眼レフカメラを構えた若者6人。

スイカを海へ入れ、そうこうしているうちに、スイカが割れてしまいました。
それを見ていた娘。
「スイカ食べたーい!」

予め、保育園から帰ったら海に行くことを娘と約束していたので、
この日、(海から帰ったら食べようと)私は職場でスイカを買い、家の冷蔵庫に冷やしていたのです。
「家にあるからね、帰ったら食べよう」。

しかし、です。

「…スイカ、いりませんか?」

若者たちから声がかかりました。

ここからです。
娘と若者との触れ合いが始まったのは。

スイカへの見事なガブリつきに、
若者の、撮影意欲が描きたてられ…

モデルと化した娘!

そして、一緒に遊んでくれるのです。

「写真、大丈夫ですか?」
「一緒にかけっこしてもいいですか?」

礼儀も正しい、女性2人、男性4人の若者たちです。

聞けば、一人は大学生でしたが、恐らく20代前半の、カメラという共通の趣味の仲間とのこと。

あー、清々しいなぁ。

「iPhoneですよね?」
と、撮影した写真をその場で私のスマホに送ってくれました。

その写真たち。さすが、一眼レフが趣味というだけあって、!!写真がウマい!!

(一応私もメディアの仕事をしているので、そのあたりはわかります、笑!)

親の目線では捉えることのできない写真。

ありがたや。

とてもいい写真をもらいました。
とてもいい思い出ができました。

素敵だな。

若いっていいなー。

なんとも気持ちのよい、心地の良いひとときでした。

「ひびきちゃん、バイバーイ!」

みんなが、手を振ってくれたのでした。

名前、聞かなかったね。

だけど…

こうした偶然の出会いは、
夏の魔法です。

影濃く、心に残してゆくのです。

おねえちゃん、おにいちゃんとあそんだと、

きっと4歳のこころにも刻まれたよね。

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)