お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

ああ言えばこう言う4才

口が達者になってきました、4才娘。

私「洗濯物干すの手伝って」

娘「ちょっとだけ」

干す。でもまだ残ってる。

私「まだ残ってるよ」

娘「だって疲れちゃったし…ゴニョゴニョ」

私「さっき、プリキュア見て元気になったでしょ?」

娘「プリキュアでさぁ、今日闘わなかったし(元気出ないってことらしい)。少し踊ったから疲れちゃったし」

私「えーお願いした分まだあるよ。
お母さん、すぐお腹痛くなっちゃうからお願いします」

娘「…はい(しぶしぶ)」

ある日は夫が娘が布団へ入ってすぐ帰ってきたので、
「今日は早かったんだね」
(完全に私が言ってる言葉のまま)。

ああ、どんどん大人になってます。

でもこんなことも。
即位礼正殿の儀で祝日の前の日。

娘「なんで明日はお休みなの?」

私がどう説明するとわかりやすいか考えていたら、

娘「お芋ほりのパワーをためるため?」

祝日の翌日がお芋ほりだったので。

4才、面白い。

※写真は家族で借りてる畑でミニ大根を抜く娘。

2件のコメント

この夏にお会いした時に、女の子はお口が達者だなぁと感じてました。
保育園や幼稚園でも覚えて来ますが、圧倒的に家庭での学習ですね。
子は親の鏡と言います。 私ってこんな事言ってたかな? って思う事も有るでしょう。
私の一面を発見出来るかもです。 笑って楽しみましょう。
我が娘とは 早親子逆転してますから、言われっぱなしです。楽しくもあり寂しくもありですよ。

コメントを残す

ABOUT US
曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/