お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

旅立ちの夏

 

 

 

 

長女カレン、

少年の翼4泊5日の沖縄へ旅立っていきました。

不安もあるだろうけれど、

ワクワクの気持ちが溢れているのが

体全体から伝わってきた。

行ってらっしゃい!!

こんなにも力強く

行ってらっしゃい!と声をかけたのは

小学校入学以来かもしれないな。

 

 

2件のコメント

カレンちゃんの後ろ姿に、力を感じるよ。
戻ってきたカレンちゃん、楽しみね。

お母さんも母力、あがるよ。
わが子が先生。

藤本さん

これまで学校ではなかなか自分から手をあげ
何かを発表することとかがなかったカレンでしたが、
今年に入って変化してきました。

グループのリーダーになってみたり、、
今回の沖縄にも行ってみたいと自ら言ってきたり、、

海外留学の話(中学になったら私が行かせたいのですが、、)も、
これまでは絶対に嫌だと言っていたのに
オーストラリアに行ってみたいなどと話をするようになり、

成長していくんだなー、変化していくんだなーと実感中です。

子どもたちに負けないように、母も成長していきたいですね。

コメントを残す

ABOUT US

池田彩お母さん大学福岡支局長
お母さん大学福岡支局長/旧 お母さん業界新聞ちっご版編集長。長女が1歳の頃にお母さん大学に出会いマザージャーナリストに。ペンを持ったことで視点が変化し、「お母さんになれてよかった!」と心から感じる。久留米で活動をスタートして13年。現在は、久留米市合川町の「松葉荘」で居場所づくりをしながら、九州中のお母さんにお母さん業界新聞を届けようと奮闘中。3児(中3、小6、小2)の母/MJプロ/みそまるマスター/みそソムリエ