ついに私の番!

先月末から体調不良が続く我が家。

長女から始まり、

末っ子息子

旦那

私がまたぶり返し熱出して

昨日は横浜からばぁばにヘルプ。

駆けつけてもらい、今朝には私も何とか解熱。

 

そして、先程。

ずっと逃げきってた次女はーちゃんが発熱。

 

元気に幼稚園に行って、ニコニコ帰宅。

いつもと変わらない様子だが、

何だ体が熱い。

嫌な予感がして、モリモリとオヤツを食べてる隙に体温計を挟む。

 

38.4度。

 

あーーー、お熱あるわ!!!

 

がっくりした私の声に、

すぐさま、

「やったー。やっと、はーちゃんの番だ!」

とニコニコ(^ ^)

モリモリと最後までオヤツを食べ終えて手を洗って、

「お熱だから今日はお風呂も無理だね」

と、チャキチャキと、自らパジャマに着替えて、

アイスノンと冷えピタをリクエスト!

みんなが美味しそうに飲んでたポカリもやっと沢山飲める!(ここ数日は、病人限定にしていた。どんどん飲みきってしまうので)

ニコニコ、ルンルンで布団に潜り込み、

なんだか幸せそう。

 

子どもの頃って、病人になると大事にされてなんでも許される感がある。

なんだか人が寝込んでると、羨ましい気持ちも分かる。

ここ数日、

ワガママを聞いてもらえるのも、抱っこも、ご飯あーんですら、お熱がでた長女と末っ子息子が優先されてきた。

やっと、自分の番!だと素直に嬉しかったんだろう。

それくらい、キラキラした良い顔してた。

 

しかし、母さんはもう看病つかれでヘトヘトです…

中々スッキリと良くならない自分の身体にムチ打って、

家のことをこなさなきゃならない。

 

何も心配せず、気にせず、ひたすら寝れる子供時代は特別だったんだな〜なんて思う。

こんな時、十分に母に甘えた思い出が蘇る。

そんな思い出が今の私を奮い立たせているのかも。

いつか、この子達も、この時のことをふと思い出し、頑張れる日がくるのかも…

と思うと、

お母さんももう少し頑張れそう。

 

だからお願い。

はーちゃんでアンカーにして、みんな元気になってくれー。

 

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

神奈川県横須賀市に住んでいます。 長女8才、次女5歳、長男3歳、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!同じ繰り返しの日々のように感じ、悶々としていた時にお母さん大学に出会ったのが3年前。 ありのままの自分に自信が持て、子育てが心から楽しめるように!MJプロです^_^