お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

我が家の朝

ここ最近とっても寒く、朝起きる時は特に布団からなかなか脱け出せません。

夏はものすごい寝相の息子たちも、ここ最近は寒いようで、わざわざ自分の寝床から私の布団の中へ潜り込んでくる。

そういえば、昔。

父が添い寝してくれた時には、布団が冷たくて妹と父にしがみついて寝ていた。

冬の朝は、起きなさーい!と母に布団を奪われ、寒くて起きる。

そして、両親どちらかの布団に潜り込んで2度寝が気持ちよかった。

 

今は母になり、今度は息子たちが暖を求めて布団に入ってくる。

両脇息子たちにガードされ毎日ぎゅうぎゅう。

一つの布団に親子3人。

無理矢理な態勢で寝ているので、身体はバキバキだし、息子たちが気になってちょこちょこ布団を掛け直す。

 

旦那は湯たんぽが2つもあっていいね、と話しながらも、一人で悠々と寝ている。

 

朝、目覚ましのアラームがなると、子ども達が起きないように素早い動きで止め、あと5分、あとちょっと。そう思いながらギリギリまで布団に潜る。

狭いけど、暖かい。

今日も安定の我が家の朝。

2件のコメント

息子さんたちの寝顔にキュンキュンします☆
そいえば私も子どもの頃、父親の隣に寝て「お父さん湯たんぽー♪」とくっついていたことを思い出しました♪
狭いけど暖かい、心も身体もあったかい、ですね☆

コメントを残す

ABOUT US
岸千尋
https://www.okaasan.net/author/kishichihiro/ 小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 小1・年少早生まれ兄弟の母。MJプロ。 いつも息子たちを追っかけて、泣いて、笑って、忙しい毎日。 あっという間に過ぎ去っていく日々をペンを持って書いて行きます!