お食い初め

1月11日、孫娘のお食い初めを経験しました。
婿さんの両親が昨年横浜に行く予定が、不幸があり延期となっていたため
年を越して百箇日祝いをしたいと提案されたことで実現しました。
10時頃に婿さんがやってきて久しぶりに見る我が子の顔が変化したといいながら抱っこ。
11時半に両親が来られて、代わる代わるの抱っこに孫娘は何が起こっているのかと刺激的だったことでしょう。
こんな特別な日には、ウンチも衣装替えの前にちゃんと済ませてくれる赤ちゃんで、一眠りした後のご機嫌さんでお客様達をお迎えできました。
予定通りに予約した店に着くと、畳み部屋に椅子席で赤ちゃん用の寝床も用意されていて一安心したところで、孫が眠くなってきました。
慌ててお食い初め用のおせきはんを口元へ、入れ替わり立ち替わり。
途中で寝てしまったので終了したあと、大人たちはゆっくりと懐石料理をいただきながらお祝いを味わうことができました。
石があるので、意味は何だろうか?と無知なところをだせば娘がすぐに検索して、歯がための石だとか。
タコも関西では歯がための意味をもち、多幸という意味合いもあるということでした。
孫の御膳と大人の食べきれなかったものを、パック詰めにしてもらい終了。
家についてから孫は、なん語を出しつづけて大サービスの接客ぶりでした。
3時半に婿さんも両親も帰途に着くことになり、皆さん本当にお疲れ様でした!と安堵の気持ちになって、再び日常生活に戻りました。
でも、3日後には孫も帰っていくのです。
今回は成長が色々見られて楽しいので、ちょっぴり残念に感じています。


ABOUTこの記事をかいた人

池田美智子

読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。 令和元年、初孫誕生でパワー再燃中