おれ、生きてる

マジマジと、
苺を見つめて、
「イチゴの種って、こんなに黄色だっけ?」
と聞いてきた。

学校がある時のイチゴは、
そんなに見つめられず、
お口の中に入っていたものね。

「ずっと学校始まらなかったら、どうしようか」

と、聞いてみたら、

「だいじょうぶ。おれ、生きてる!」

顔を上げてそう言った!

おお!
かっこいいやんけ!

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。