朝から泣いてまうやないかい この40年、母の思いに支えられてたんだなぁ

2月8日、41歳の誕生日を迎えた。

お母さん大学では「誕生日は母を語る日」なので

母に関しての記事を書こう書こうと思いながら

毎年書いていることもあってか、

誕生日に母を語るってそんなにネタもないなーとそのままになっていた。

 

そんな中、昨日みささんの記事「息子先生の教え」がとっても素敵だったので、FBでシェアした。

すると、みささんの記事を読んだ母からFBでコメントが入った。

息子先生の教え

そのコメントは

人を信じる事って凄くステキな事だと思っています。

私も夫であれ子供達であれ信じているから、全てをまかせられる。

そんな40年かな?41年でした。

 

というものだった。

このコメントを読んだ瞬間、なんだか泣けてきた。

強い父に対してどちらかというと弱いイメージのあった母。

 

だいたい怒られた記憶も父からしかなく、

母には今も何でも話せる間柄ではあるけれど、

母に話すと事が解決するということではなく、ただ聞いてもらうという感じだった。

なので、今の私をつくりあげたのは父の影響がすこぶる大きいなと感じていたけれど、

これまでの父と母の様子や学生時代のことをいろいろ思い出し、

実は、ずっと信じてくれている母の思いに支えられてきたんだなと感じた。

うまれて41年。ずっと。きっとこれから先も。

我が家も長女が思春期。

「信じる」ことがとても大切な時期だけれど、ついついあれやこれや口出しては後から後悔する。

 

わすれそうになったら、この記事をまた思い出そう。

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪