お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

今日のお昼はお弁当

SNSを見てると、
「おうちキャンプ」とか「おうちピクニック」とか、
ちょっとした非日常を味わう取り組みをしている方をよく見かける。

お弁当かあ。

私、お弁当を作るのが大の苦手。
結婚15年、夫のお弁当は数える程しか作ったことがない。
子どもがお弁当持ちの日には、前の日から下ごしらえして、当日は朝5時に起きてオタオタしながら作るほど。
きちんと冷まさないといけない、とか、衛生管理が、とか、隙間に何入れる、とか、
考えただけでパニックになる。

料理することは苦手ではないのだが、
お弁当だけはどうにも・・・

そんな私だが、
「お弁当箱に適当に詰めてすぐ食べるなら、お皿の代わりにお弁当箱使うだけだよな」
と思い、長男に、

「今日の昼ごはん、お弁当にしようか」
と提案すると、

「じゃあ、ハンバーグね!」

・・・めんどくさいことになってしまった(笑)

冷蔵庫を見ると、豚ひき肉がある。
合い挽きじゃないけど、豚ひき肉ハンバーグでいっか。

ハンバーグをこねこね作って、焼いて、
その間に、冷凍ポテトをチンし、おにぎりを握る。

野菜がないのは気にしない(笑)

隙間も気にせず、とりあえず詰めて、
フタをして、子どもたちに出す。
雰囲気を出すために、箸セットもお弁当用のものを出す。

2人とも大喜び!

いちもくさんに食らいつく。

「おいしいですー♪」

いつもは食べ終わるのに時間がかかるのに、
あっという間に完食。

次男は、
「おべんとー、たべたー!」
と、とてもうれしそう。
夕方帰宅した夫にも、何度も話していた。

こんなこと出来るのも、今だからこそ、かな。

8件のコメント

私も計画的にお弁当つくれないタイプで
おかずが足らないときは、豚まんを切って入れたことも(笑)
子どもはお母さんのつくるお弁当を無条件に喜んでくれるので
ほんとにありがたいですよね。
おにぎりをつくる道具(マラカスみたいな形で、中に入れてふると丸くなる)と
ごはんと具を並べておいて
自分で好きなおにぎりをつくるのも喜んでました。

宇賀さんもそうなんですね!
豚まん切って入れる!(笑)
私、もう弁当作りが今から恐怖で、
息子が高校生になって毎日弁当持ちになったときを想像すると、すでにゲンナリするほど・・・
マラカスみたいに振るやつ、
たしかベネッセの付録でついてきたんですが・・・どこにしまっちゃったかなー・・・

うちはこども園でおいしい給食を食べて育っているので、お弁当ほとんど作らず…。
たまにのお弁当の日が近づいてくると、そわそわします。笑
夕飯の余り物を一緒に詰めて、家の前にシート引いて食べたらとっっても喜んでいました!
そんな瞬間にホッとしますよね!

ハンバーグね!のリクエストに即応えられる天野さんがすごい!

うちの息子が行っていた幼稚園も、給食なので、
お弁当はほんとたまに・・・だったので、
なので、小学生になって、時々お弁当持ちの日があると、
1週間くらい前からもう泣きそうです(泣)
運動会なんてもう半分倒れてます・・・
家の前にシート敷いてお弁当、なだけでも、子どもは喜ぶものなんですね☆
うちも今度やってみます♪
この時のハンバーグは、肉オンリーの、ひらぺったい肉団子みたいなものです(笑)

お弁当って何だか特別に思うんですよね。
家の子達もお弁当大好きです。
とはいえ、なんやかんや工夫して入れても食べないからいつもおにぎり、肉、トマト、卵焼き、ブロッコリーで決まりです。w

ちょっとした非日常感なんですかね☆
かなり好評だったので、またやろうと思います♪
そうそう、うちもいつも同じメニューです(笑)
栄養や彩りよりも、完食重視です(笑)

あー!私としたことが!
お弁当にもみそまるはつきものですよね!
「みーそまるまる♪」奇跡的に動画に撮れた貴重映像です♪
いつもは、MISODOさんのみそまる音頭の動画見て一緒に歌ってます。

コメントを残す

ABOUT US
天野智子
MJプロ/みそまるマスター/お母さん大学岡崎 代表/ 小学5年生と幼稚園年中の男の子2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 旧家の農家の跡継ぎ長男の妻として敷地内同居中。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。