子どものやりたいことを見守る親の度量を試された!!!!?

りんごケーキを作ろうと長男と冷蔵庫を開けたら、

肝心なりんごがなかったー!

じゃあ、、またにしよっかと言いかけたその時、

「りんご?買ってくる!」

「おれ!買ってくる!!」

もうすでに張り切っている、年中さんが1名。

えーーー!!!買いに行くって言ってる。本気だと思った母。

おつかいなんて1人で行かせたことなんかない

どうする?私。

まだ早いんじゃ?

いやいや、やる気がある時にやらせた方が。。

でも、今じゃなくてもよくない?

色んなことが頭をぐるぐるしたけれど。

思い切って、よし!お願い!と口にした。

 

場所は徒歩30秒の八百屋さん!笑

我が家は大きな通りより一本中に入った道。一方通行だけど、抜け道としてスピードを出した車が結構いる。

そして心配のタネは、もう一つ。

お尻にロケットが装備されてる息子は、それいけー!と走って飛び出すこと。

 

じゃあ、約束。

マスクはつけること。

絶対走らないこと。

と、念を押して、お財布に500円玉を用意した。

 

母:お店に着いたらなんて言うの?

子:りんごくださーい!

母:こんにちは、りんご下さい!ね?

子:わかった!わかった!

母:無かったら

子:無かったら、駅のところまで行くね!

母:いやいや、無かったら一回帰ってきて!!!

わかった?ねぇ!走っちゃダメだよ?車いっぱいきてるからね?

念には念を押す母。早く行きたくてうずうずしてる息子。

 

母:気をつけて行ってね?

子:うん!いってきまーす!

父と次男はベランダから見ている。

父:おい、さっそく走ってるぞ!笑

!!やっぱり!!

敷地内で、走るなー!歩いてけー!と父に声をかけられる。

うん!わかったー!と後ろを振り向きながらヘラヘラ(嬉しそうに)返事をする長男に、

前向いてー!と母からも檄が飛ぶ。笑

あの調子じゃ心配だ。と後悔し、急いで追いかける。

ちゃんと八百屋さんの前で長男は立っている!

おぉ!!りんご下さいって言うところか?なんて思いながら、母はカメラを用意しようとした次の瞬間!

りんごが入った袋を八百屋さんから受け取り走りだそうとしている

また走るんかーい!と思いながら、見つかったらまずい母もダッシュ!!!

が!遅かった!笑

家の前で、かーたーーん!!と呼ばれた笑

あちゃー!と思ったけど、めちゃくちゃ嬉しそうに袋を持って帰ってくる。

車が来ないか周囲の確認をし、急いでカメラを構える!

よく見たら、後ろに八百屋さんのおじさんが

おかえり〜!と手を繋いで、息子の帰り道を見守ってくださった八百屋さんに頭を下げた。

 

りんご買ってこれた!ほら!!

赤いりんご下さーい!って言ったの!おいしそうでしょ?

一人で来たの?可愛いね〜!偉いね〜!って言われたの!と。

鼻息荒めにマシンガントーク!

 

家に着くと、すぐに財布からお釣りを取り出した。

ねぇ!みて!!!

お金が増えたのーー!!

1枚だったのが、3枚になったー!

500円が1003枚になって帰ってきた!

ズコッと母はなったけど、

数が多い=お金持ちと長男は思ってる。

まだまだ可愛い。笑

 

せっかくだから、すぐにりんごを剥いて、半分はみんなで食べ、半分はケーキに。

ぼくが買ってきたやつ!美味しいでしょ?と何回も聞く長男!

すごいね!美味しい!ありがとねぇ。と、沢山褒めました。

 

それにしても、おつかい行って帰ってきて、5分も経ってない!

ちょっと危なかっしいと思ったけれど、

やりたいことを見守る親の度量を試された【超高速!息切れ必須な、はじめてのおつかい】でした。

ABOUTこの記事をかいた人

岸千尋

小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 4歳1歳の兄弟の母。 ワンオペ育児もなんとか、なんとかやってます。 あっという間に過ぎて行く日々を少しずつ書いて行けたらいいなと思ってます^_^