ぼくの身長は2メートル

「ぼく、身長が2メートルあるんだよ。
昨日、いきなり伸びたけん、
みんなびっくりすると思って、今足をちぢませとる」

とご近所のお友達Kくん(9歳)。

おぉ、それはスゴイ。
ぜひ見てみたいなぁと私は話にのってみる。

「いいよ、見せちゃる。でも条件がある」

条件だなんて、大人っぽいこと言う。
切り返しが上手だなと妙に感心してしまう。

で、条件ってなに?

「20年後に見せる。いや30年後にしようかな」

おぉ、そういことか、かしこいな~
30年後、2メートルになっているかな?
30年後って何歳だ?

「39歳」

そっかー、39歳。
私の今の年齢に近い。
もういいおじさんやね。

Kくんの39歳を想像して笑ってしまった。
その頃も、こうやって
たわいもないおしゃべりができる
お友達でいられるといいなぁ。

おっと、

今の私と30年後のKくんが会話するところを想像してしまった。

今は

私が話しにのってみる

なんて

言っているけれど

30年後は73歳。

はたして、私の話しにのってくれるだろうか・・・。

このばあちゃん、面白いなーって思ってもらえるような
おばあちゃんになりたいな♪

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪