お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

久しぶりの…

子どもたちを園に送り届け、1人帰宅。

明後日から仕事スタートになったので、慣らし保育再スタートの息子たち。

3月からの自粛生活。

あぁまた喧嘩してる…!おもちゃ片付けて!あ、もうご飯の時間だ!と過ごす毎日。

長いよ、先が見えない。。

いつまで続くの?

少し1人になりたい!もう疲れたよ。とため息が出ていたことは事実。

家族を誰かを守ってる!そう思うことで頑張ってきた数ヶ月。

 

緊急事態宣言が解除され、世の中も少しずつ動き出した。

今は少し遠い場所へ通勤する旦那も電車の中はもう団子状態。

しょうがないけど、気を使うし疲れるよね。と話す。

 

子どもたちの新しい生活は、慣れるまでに母子分離のタイミングで涙を流すことは想像出来ていた。

笑って、お願いしまーす!と送り出して来たのに…

家に1人帰ってきて、子どもたちのいない部屋で、

ねぇ。わたし、本当にこれでよかったの?

さっき泣いていた次男を思い出して、今までになかった切なさがこみ上げる。

緊急事態宣言が解除され、対策だってあちこちで工夫しているけれど。

仕事は現場職だから待ってはくれない。むしろ、ありがたいことに優先的に休ませていただいたのに。

このモヤモヤしてしまう気持ち。

わたし、お母さんなんだな。。

微力だけれど、限られた中で出来ることを。。

安心する世の中を願い、毎日を過ごそう。

4件のコメント

あれ? 待望のひとりの時間なのに…。

>わたし、お母さんなんだな。。

そう、岸さんは、お母さん。

そう感じさせてくれる子どもたちに感謝だね。

子どもも、お母さんも、未来に向かうんだよ。

いい未来をつくろうね。

お母さんだから。

そうなんです!!!
待望のひとり時間だったのにーー!!!
複雑すぎて心がゆらゆらシーソーのようでした。。
でも長男はクラスに入ると、久しぶりー!!!と、お友達から歓迎され、再会を喜びあい、次男は泣いていたけれど、好きな時間を見つけられたようで。
息子たち、迎えに行ったら、短い時間を充実し、表情豊かでした。
そんな子どもたちの姿を見ていたら、藤本さんが言うようにお母さん、いい未来を作ろうと気合いが入りました!押忍!…ニヤリ。

ちひろちゃーん!
預ける時ってこれで良かったのかなって思うよね。
私も毎日葛藤してるよ。
泣いてる顔可愛いけど、やっぱり幼稚園出るときに考えちゃう。
私だけじゃなかったってちひろちゃんの投稿みてちょっと安心したよ。

わ!わたしも同じように思ってくれてる人がいて安心!
我が家も離れる時に泣くし、泣いてる顔可愛いと思いながら離れる。
母が見えないと泣き止んでる笑
母孝行。母冥利。と思うことにしつつ、預けてます。

コメントを残す

ABOUT US
岸千尋
https://www.okaasan.net/author/kishichihiro/ 小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 小1・年少早生まれ兄弟の母。MJプロ。 いつも息子たちを追っかけて、泣いて、笑って、忙しい毎日。 あっという間に過ぎ去っていく日々をペンを持って書いて行きます!