平凡な記念日

6月29日は主人の誕生日。

7月1日はわたしの誕生日。

その間の、今日6月30日は入籍記念日。

 

9年前の今日、仕事帰りに待ち合わせ、婚姻届を提出して焼肉に行った。

「お祝いする日が3日間も続くね!絶対忘れないね!?」

なんて、ニコニコ笑顔で話して乾杯した。

そんな可愛い私は、遙かどこか遠くにいってしまった。

今日なんて、今年初めて現れたゴキちゃんを子供たちとギャーギャー騒ぎながらも、格闘して退治した。

逞しくなってしまったな…なんて、自分でも笑ってしまう。

 

〝焼肉でも食べにいこう!お祝いしよう!〟

なんて、お誘いも、甘い言葉もお互いなく、淡々とした平日。

 

仕事後にバタバタと、夜ご飯の餃子をせっせと包んだ。

となりでお手伝いに励む次女はーちゃんが、余った皮で餃子ピザを作ってくれた。

「見てみて〜みんなのお顔ができたよ!」

 

 

「お父さんは髪の毛がツンツンしてるよ!

お母さんは可愛いからニコニコの顔!

ねぇね(長女)は、チーズが好きだから、ハムは使わないでチーズだけ!

げんちゃん(末息子)は本当は髪の毛がないけど(坊主なので)、それじゃ美味しくないから、おまけでチーズね」

想像以上に可愛いピザができていてびっくり!

 

何だかジーンとしてしまった。

 

9年前には想像できなかった、家族のカタチが今ココにある。

なんて事ない一日。

そんな毎日の繰り返しが

いつだって記念日なんだな〜

なーんて、柄にもなく、ロマンチックなことを思った。

 

仕事で遅い主人には、この写真を送って、

「結婚生活10年目に突入です!来年はダイヤモンドよろしく!」

と送信。

すぐに返信がきた。

「これからもよろしく!

ダイヤモンドは自分でヘソクリして好きなの買って!」

と…。

…ロマンチックのかけらもない彼を選んだのはわたし。

いやいや!

ダイヤモンド以上に、キラキラした毎日を子供たちから貰っているではないか!

と、心を奮い立たせ、

明日からヘソクリを始めようと思います。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^