芸術の秋、スタート

雨模様で、

初めての運動会は延期に。

6:30に起きた3歳は、朝から予定なしになってしまった。

 

そこにテレビで見かけた、お相撲さんが手形を押す様子。

 

「絵の具やりた〜い!」

 

あぁお相撲さんよ、朝から絵の具出さなきゃダメでしょうか…。

とクニャクニャした気持ちになりながらも

なんとか出してくる。

 

自己主張の激しいこの時期に、

絵の具で遊ぶ娘は、実に穏やか。

夕日、がぁがの足跡、お母さん、電車に乗るお父さん…

次々に描いていく。

 

私は絵が苦手だし、

道具の扱い以外は、何も教えてあげられていない。

誰も何も教えないのに、

娘は画用紙にのびのび描いていく。

 

 

「星が落ちてきたんだよ」

 

 

そんなロマンあることまで描き始めた。

 

星が落ちてくるなんて、

これまた誰が教えたんだっけ。

 

 

もちろん、幼稚園かもね。

もちろん、テレビや絵本かもね。

 

でも私は、

それは子どもだからと思っていたくて。

 

この世界に生きていることを

“子どもアンテナ”がつかむ力って、大人の想像を超えているから。

 

久石譲のピアノを聴いているうちに眠ってしまったり、

お花のにおいに気付いたり、

感性がとても伸びやかに育ってきた娘。

 

 

つい何か言いたい“お母さんな口”も、

この時間は閉じていられる。

芸術の秋、はじまりはじまり。

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

横須賀支部「みよむら」の“むら”の方です(^-^) 2016年11月生まれの娘と、ジャイアンツ命な年上夫、 そしてサザエさんみたいな私の3人家族です。 元放課後児童支援員。子どもたちの「鬼大魔王」でした。 海風と、アメリカの風薫る横須賀に住んでいます。 笑えた日も泣ける日も、みなさんと共有出来たらと思っています。(^-^)