お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

芸術の秋、スタート

DSC_1064.JPG

雨模様で、

初めての運動会は延期に。

6:30に起きた3歳は、朝から予定なしになってしまった。

 

そこにテレビで見かけた、お相撲さんが手形を押す様子。

 

「絵の具やりた〜い!」

 

あぁお相撲さんよ、朝から絵の具出さなきゃダメでしょうか…。

とクニャクニャした気持ちになりながらも

なんとか出してくる。

 

自己主張の激しいこの時期に、

絵の具で遊ぶ娘は、実に穏やか。

夕日、がぁがの足跡、お母さん、電車に乗るお父さん…

次々に描いていく。

 

私は絵が苦手だし、

道具の扱い以外は、何も教えてあげられていない。

誰も何も教えないのに、

娘は画用紙にのびのび描いていく。

 

 

「星が落ちてきたんだよ」

 

 

そんなロマンあることまで描き始めた。

 

星が落ちてくるなんて、

これまた誰が教えたんだっけ。

 

 

もちろん、幼稚園かもね。

もちろん、テレビや絵本かもね。

 

でも私は、

それは子どもだからと思っていたくて。

 

この世界に生きていることを

“子どもアンテナ”がつかむ力って、大人の想像を超えているから。

 

久石譲のピアノを聴いているうちに眠ってしまったり、

お花のにおいに気付いたり、

感性がとても伸びやかに育ってきた娘。

 

 

つい何か言いたい“お母さんな口”も、

この時間は閉じていられる。

芸術の秋、はじまりはじまり。

4件のコメント

芸術の秋のはじまりを穏やかに一緒に感じている時間が素敵!
子どもの集中している姿、表現している眼差しや手を見てるのが好きだなぁ。

コメントを残す

ABOUT US
吉村優
◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住  ◇2016年生まれ 年長1人娘 ◇わたし版「pokke版」 ◇夫は10歳年上 ◇学童保育指導員  ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私のお母さん大学キャッチフレーズ  ◇「母時間ラジオ」パーソナリティ