夏休みのレポート

夏休みが終わった・・・

ホッとする気持ち半分
淋しい気持ち半分
そして、申し訳なかったなぁと思う気持ちがちょっぴり

去年まではお姉ちゃんも小学生だったので、
お姉ちゃんのお友達と一緒に過ごしていた夏休み。

今年の夏休みは、息子一人きりの日が何日あったかな?
ほぼ一日家のなかで、宿題・ゲーム・テレビ・・・やり放題。
(ん?何気に楽しかったのか!?)

朝仕事に出掛けるとき

「今日は何時に帰って来る?」
「今日もオレひとりぼっちか」

そんな言葉がチクっと胸に刺さった。

お詫びと言ってはなんだけど・・・
夏休み最終日、息子と二人でデート。
息子のリクエストの映画を一緒に観に行った。

出発ギリギリまで読書感想文で怒られていたけど・・・(笑)

ほんの数時間だけど、一緒に出掛けて
お母さんのココロが大きく膨らんだ気がした。

子どもと過ごす時間は、量ではなく質!
この質をいかに良質なモノにするか?

「いい時間にしなきゃ」とか、そんな意識をしなくても、
一緒に同じものを見て、感じて、ただただ一緒に過ごす

それだけで、お母さんも子どもも
ココロがお腹いっぱいになるものなんだなぁ~・・・

今年のママから我が子へのレポートは、
コレで勘弁していただこう!(笑)

この写真は、息子が夏休み終盤に一人で作った
<冷やしラーメン>!

冷蔵庫にあるもので作ったらしい。
(ラーメンは茹でて置いて行ったけどね)
一人で過ごした時間も、彼なりに楽しめたのかな?

夏休みのいい思い出になったね!

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。