打倒。鬼滅の刃様。。。

ちょっと待って。涙。。

今年の6月ぐらいまで?
絵本毎日毎日1冊ずつ読んでいたのに、、
娘がわたしに読み聞かせする日もあったんですが(笑)
小学1年生になり、
漢字は大好き!読み聞かせも完璧!
となり、
今じゃひとりで漫画鬼滅の刃を読む有り様。。。
わたしは要らなくなったのーー?
絵本の読み聞かせしなくていいの?
涙。涙。涙。

0歳から6歳まで毎晩毎晩のように読んできた、すんばらしい絵本たち。
娘と何百回も笑ったり、楽しんだり、泣いたりもした。
雨の日も。晴れた日も。
ちょっと遊びすぎて疲れた日も。
お互いに言い過ぎて苦しくなった日も。
「絵本読もうか!」で不思議と自然に仲直りだった。

私たちの仲直りのきっかけは、
成長とともに変化していくのだろう。

だけどわたしは、いままで絵本に感じた恩恵、めくるめく絵本ワールドを忘れることはない。
何故なら大人にも、子どもの世界をチラッと見させてくれたのが絵本の世界だから。

たまには、同じ空間にいて違う絵本を読む。
そんな休日を過ごすことがわたしのいまの夢。

 

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)