たどり着いた場所、そこが出発点。

やっと辿り着いた。

何とかかんとか辿り着いた。

今年は看護学校最終学年。

567さんを言い訳にして、就職活動をあまりしてこなかったわたし。

何故なのか?

何故なら、進みたい方向が分からなかったから。

条件面?やりたいこと?給料?場所?仕事内容?環境?子育てバランス?

何を優先にすれば良いか分からず、働かせてもらえればどこでも良いんだよね。とにかく看護がしたい。

そうやってうだうだやってきた(笑)

ある人に言われた。

「こんな機会もうないんやないと?もう、自分がやりたい事とことん考え抜いたら良いやん。考えてみらんね!」

「そっか。うん。わかった。」

焦った。本当に。。

子ども好きだけど、小児科は何か、ちょっとん?違うかな。。障害がある子どもたちの施設?乳児院?訪問看護?保育園?

いや待て、総合病院が良いんかな?

いやいや、、わたし総合病院で何をしたいん?

考えながらも、目の前の病院での実習に日々あたふたし、、なかなか考えを深める事が出来なかった。

産科の実習中、小児科の実習中。いろいろいろいろ考えた。

3年前の准看の実習中、自分は看護師に向いてないんやないかと泣きながら、まわりに支えてもらいながら実習を終えたこともある。それがここ。産科と小児科だ。コミュニケーションのスキルが求められる。

大変な現場だ。

だからこそ、今回の実習では実習出来る喜び、感謝を忘れずに、ひたすら患者さんのことを考えて邁進した。

そして、看護学校の友人にも相談しながら出た結論が、

産婦人科への就職となった。

思えば、自分が子育てに苦しんだ5年前、彩ちゃんに出会い、お母さん大学に出会い、そしてhappy mama プロジェクトに出会い、

自分自身もシングルマザーとなり、同じシングルマザーの方や産後うつの経験があった方に出会い、わたしも高齢出産の端くれでもあり、そして、お産の会を開催し、

いまのわたしがいる。

お母さんたちのサポートをしたい。

たぶんこれはわたしの使命でもあり、願いでもあり、結果自分に返ってくることだということも感覚で理解していることで。

山のように辛い現場も見ると思う。

きついこともあると思う。

産まれるという場所は、決してしあわせだけの現場ではない。

だけど、出来る限りわたしは、お母さんたちの環境を感じながら、どういう風にその思いに至ったのか、お母さんたちの思いを聞いていきたい。そして、そのお母さんのお腹の中に赤ちゃんが来た意味、なかなか来てくれない意味、来たのにお空に戻っちゃう意味、深いところで感じ、出来るならばお母さんたちと一緒に考えていきたいと思う。

学び続けるしかない。

やっとここに辿り着いた。生半可な現場ではない。辛い現場でもある。

出発点に立てたしあわせを腹いっぱい噛みしめながら。

神さま。

産婦人科の看護師になれるチャンスをくれて、ありがとうございます。

必死に喰らい付いて頑張ろうと思います。

お母さんを信じ、必死に喰らい付いて生まれてきた命に、またパワーの循環もらいながら。

10 件のコメント

  • 裕子さんのステキな看護師さん姿が目に浮かぶ!
    看護師さんといえば国家公務員、つまりは日本の医療に携わって日本人の命に向き合ってくれる職ですよね。
    病気苦手、な私は看護師さんの雰囲気に支えられることが多々あるんです。
    たくさん悩んでくれて、看護師さんへの道を進んでくれる裕子さんの存在は
    なんだかとても有難く思えます。
    卒業なさるまでも、卒業しても、この素敵な想いをずっと応援しています!

    • 優さん☘
      ありがとうございます!
      いまの想いをしっかりと持ち続けるって、意外と簡単なようで難しいですよね!
      42歳という年齢で、夢や目標を持つことが出来ること。
      それを叶えることが出来ること、その環境や、背中を押してくれる家族や友人に思いっきり感謝しながら。
      ナース人生。謳歌したいと思います!

    • 成美さん☘
      熱くなってくださり、ありがとうございます
      決意表明で書きました。
      だけど、5年前の別居、離婚、お母さん大学入学、たくさんの大変なお母さんとの出会い、そしていま。
      すべて繋がっているような気がしてならないのです。
      人生って不思議だなぁ。
      ピースってハマるときはハマるんだなぁと。
      しあわせを噛みしめております。

  • わぁ!すごい!
    ブランク明けて総合病院の内科でパート看護師しています。
    元々小児科で働いてた私には、今の職場でのやりがいが見つけられず悶々とする日々です。
    そんなわたしにとって、安藤さんのこの記事はキラキラ眩しいです。
    すごいなぁ!!
    産科私もやってみたいなぁ!と思いつつ、
    やはり幸せだけがある現場ではない…
    その覚悟がもてずです。
    色々お話聞きたいなぁ!!
    これからも応援しています!!

    • ひろこさん⭐️
      返事が遅くなりました。。。

      早速冬休み期間だけ産婦人科でアルバイトをすることになりました!
      どうなるんでしょうね?

      たくさんの出会いに感謝しながら、ですね!
      わたしも強い強いお母さん、看護師になっていくのかなぁ?
      だけど、自分らしく。
      たっぷり勉強して、はやく若いお母さんに頼りにしてもらえるように。
      娘に助けてもらいながら(笑)いろいろがんばりまーす!

  • とてもとても素敵です、
    夢を叶える姿を子供にも見せてあげられる
    ものすごいことです❤️

    そしてとても大変な思いもしつつ
    この道だと、進む姿に感動しました。

    看護師さんにはいつも助けられてます
    持病があるので、、

    何度となく助けられてきました。

    きっと裕子さんのパワーが
    患者さんの力となるんだろうなぁと
    思いました❤️

    大変な仕事です、お体に気をつけつつ
    頑張ってくださいね。

    そして私も好きな言葉

    たどり着いたらそこがスタート
    と、同じタイトルで
    嬉しくなりました❤️
    応援してます❤️

    • 友子さん!
      はじめまして!
      コメントありがとうございます!
      共感や応援、めちゃくちゃ嬉しいです。
      そうなんです。
      母とは娘にとって生きるバイブルですから、
      自分が夢を叶える姿を見せる事が出来るというのは、
      本当に強いなぁと思っています。
      看護師はなかなか責任の重い仕事でもあります。
      そして、身体的にも精神的にも大変だと思っています。
      だけど友子さんのように、
      看護師さんに会えた事を良かったと感じてくれる方がいるから、
      頑張れるんだと思います。

      このタイトルお気に入りなんです(笑)
      たどり着いた場所がスタートですよね!
      わたし、死ぬことも終わりっていう感覚がないんです。

      本当に嬉しかったです!
      コメントありがとうございました

      • うろ覚えなんだけど、私、裕子さんが看護学校に入学したときか決意されたときか、そのあたりのときに
        「裕子さんみたいな看護師さんが産科にいてくれたら安心して子ども産めると思う」ってコメントした記憶があります

        国試まであと少しですね
        終わったら何度でも乾杯しましょう!

        • 理恵ちゃん!

          ありがとう!!!
          そうだったんやね。
          その時は多分わたしにはおこがましいというか、、
          とても考えられないような気持ちだったような気がします。

          自分の理想には、自分自身はとてもとてもまだまだ程遠い。
          だけど、先見の明があるみんなにそう言ってもらえるということは、、きっとこの道に希望があるからだと思う。
          例えいばらの道があるとしても。

          はやく終わりますように。。。(笑)

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)