5才差、遅くきた○○○○がえり

まもなく息子は1才になる。

このタイミングで、来月には6才になる娘の赤ちゃんがえりを経験中。

たいていのことはお父さんで大丈夫なのが、この数か月徐々に「お母さんがいい」が増えていた。

具合が悪い兆候か?と思ったがいたって元気そうで、なんだか違っていて。

妊娠を告げてからここまで約1年数か月、たくさん我慢して寂しい想いをしたんだろうな。
想像して涙が出る。

私に少し余裕が出てきたのを見計らったのか(娘らしい)。

小学校に入る前で、今で良かったんだと思おう。

これまであまり伝えられなかった、あなたは大事な子、世界にたった1人の大切な子、何かあったらいつでも言って、そんな言葉を伝えて、抱っこして(重い)、ぎゅっとして。

あぁ改めて今でよかった。
これまで楽させてもらった分、娘のためにできることを精一杯、やろうと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/