椅子寝記念日

先日、1才の息子が眠気に耐えきれずに椅子の上で寝てしまった。

しかも、彼の何よりも大好きなご飯中に。

相当眠かったんだね。

ちなみに、息子は、袖か襟とその周辺の肌をガリガリし安心を得て寝る癖がある。
もちろん椅子の上でも同じように、私の袖からガリガリ。

そういえば、今6才の娘はしょっちゅう食べながら寝る子だった。
昼寝が嫌いな子で、言葉が話せない頃から「寝ない!寝たくない!」の意志を全力で訴えていた。

それで力尽きてご飯中に寝る、ベビーカーや車の揺れに負けて寝る。
親は昼寝に持ち込むために計画を練る日々だった。

懐かしい。
今は昼寝なんてめったにしないし、椅子でなんて寝ないなぁ。
大きくなっちゃったなぁ。

息子の記念日は、父母にとって小さな頃の娘を思い出す記念日でもある。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約5年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長。年長の娘&2019年11月生まれ息子2人の母。たまにお母さん大学本部公認“企画担当”します! 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師/和みのヨーガインストラクターです。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!昔からある簡単お手当でお母さんゆるみましょー *アメブロもやってます!*https://ameblo.jp/sattsun2525/