井出徹先生のオンライン健康セミナーを受けて、知ったこと、一生大事にするばい。

今日2月7日 井出徹先生のオンライン健康セミナーに参加しました。

テーマは「子どもの歯と健康を守るために~歯並びと姿勢の関係」

子どもだけじゃなく、自分のことでも良いとのことだったので、事前に先生への質問に下記を挙げていました。(  )の中は、先生に言ってもらいたいと思っていた私の心の声。

①交通事故や出産の影響で歯を2本失って、そのうち一本は、欠損したまま。出っ歯なので、実際噛むのに使っている歯は4本くらい。このまま欠損したままだと、その4本に負担がかかり、いずれ割れてしまう。そうなると、早くて60才前に総入れ歯になると歯医者さんから言われていて、、、。A.入れ歯を入れるか、B.ブリッジをするか、C.60才くらいで総入れ歯になっていいか、決めかねている。(先生!A.B.C.どれかに決めて!)

②奥歯は神経はないので痛みはないが、歯茎にばい菌が入りやすく抜歯しなくてはいけない状況に近いとのこと。もし抜歯となると3本歯を失うことに。。それで良いのかしら??(先生!良くないと言って!)

③口臭も気になる。主人から『どぶの臭いがする』と言われていて、直接、人と会うのが憂鬱。(今はマスクがあるので少しだけ気が楽ですが)どんな治療を受ければ口臭がなくなるのか、知りたい。(先生!何か薬を教えて!)

と、まぁいろいろ質問を挙げていましたが、なーんと、答えは全て同じでたったの一つ!!もう、井出先生のお話を聞いていくうちに、スッキリ爽快!そして、私が先生に言って欲しかった答えなんて、鼻くそで(笑)、こんなこんな陳腐な答えではありませんでした。

話は少し逸れますが、子どもが井出先生を見て「お父さん大学に変わったの?」って聞いてきました。画面から伝わってくる井出先生の深い教養と経験と包容力が、理想のお父さんに見えたのかしら?なーんて思いました。

さて、

□14年前に前歯を失ったとき→失ったついでに、「出っ歯じゃない歯を入れたい」と頼んだら、骨格上それは無理。と言われて、泣く泣く新しい出っ歯の歯を入れたことがあった。でもこのことは、つまりそういうことか!と井出先生に気付かせてもらいました。

□4本の歯でしか物を噛んでいない上に、常にその4本で噛み締め合ってるから、家中に「噛み締めない」って付箋に書いて、貼っておきなさい。と言われたことがあった。でも、井出先生が教えてくれました。そんなことより大事なことを。。。

□ストレッチをする→必ず頭痛で倒れる→病院に行く→頭痛薬を飲む→ずっと薬は嫌だとまたストレッチをしてほぐそうとする→時には筋トレもする→また必ず頭痛で倒れる→病院に行く→頭痛薬を飲む→薬ばっか嫌だとまたまたストレッチをする→頭痛→病院→薬

途中、目が悪いからかもと言われ眼医者に行ったり、出っ歯が原因かもだから矯正を勧められたりしてきましたが、なかなか頭痛から解放されず20年経ちました。この頭痛、井出先生が言われるには。。。

いやー。。今まで通ってきたいろいろな病院や歯医者さんで言われてきたことが、一つの線になって、すっこーーーんと、自分の答えが額から太い光になって入ってきました。

まずもって、そっか!私の骨格はそうなってて、それでバランス取ってきてるんだっ。だったら尚の事、歯より姿勢に気をつけて、顎を引いてなきゃいけないんですね!

それで早速、今日一日顎を引いて姿勢良くして過ごしたら、ほー!こーーんなにも景色が違うのか?まずね!

1 口がポカーンと開かない

2 開かないから鼻呼吸してる。しかも今までできたことがなかった鼻での深呼吸ができてる。秋月の美味しい空気がいっぱい吸えるよー!

3 開かないから口の中唾液が出てる。唾液が出てると口臭予防になるんだって。これは期待大だ!

4 あーなんだか頭がスッキリしてるーーーー。目もクリアになった気がするー。お腹の下にクッと力が入ってると、ゆっくり呼吸ができて、どっしりとした気持ちになれてる。

5そして、あの4つの歯が一日中、ちゃーーんと離れてて噛み締め合ってないのぉ。

6 いつもと違う正しい姿勢でいようとしてるから、やっぱり夕方から頭痛が襲ってきました。でも、これは「筋肉痛」なんですって。そう思うと、あー薬飲まなきゃ!って憂鬱にならないし、しばらくしたら、すーっと痛みが和らいでいきました。

これはスゴイわー。。

事前に先生に挙げた質問に対して、先生のアドバイスも勿論考慮して、私は自分で納得して、これを自分の答えにしました。

①入れ歯を入れるか、ブリッジをするか、60才くらいで総入れ歯になっていいか決めかねていたこと

【答え】60で総入れ歯になるかなんて分かんない。姿勢気をつけたら噛み締め合わなくなったから、歯の負担も減ったじゃん。今、4本でしか噛めてないことで困ってることないし、歯は、このまんまでいい。あースッキリ〜。先生に答えを3つの中から選んでもらおうだなんて、ほーんと私馬鹿だったー。

②奥歯も抜歯して、3本歯を失うことになって良いのかしら??

【答え】よくない!痛みないし、歯は、今のまんまが良いとぉ。

③どんな治療を受ければ口臭がなくなるのか、知りたい。薬があれば教えて。

【答え】薬なんかない。姿勢に気を付けて顎を引いて鼻呼吸。あ〜。明朗回答。

ありがとうございました。この学び、このご縁、この出会い。本当に本当にありがとうございました。

最後の呟き↓

マスクしてると、口の周りがダラしなくなる。ここらへんの筋肉や感覚は大脳に繋がってるって。このままマスクで隠れてるのいいことに、しまりがなくダラ~ンとしてたら大脳も衰えるってことじゃ??

で、すぐに子どもたちに、「マスクしとるのいいことに、口をポカーンと開けたり、しまりのないダラ~ンとした口元にしとったらいけんよ!」って伝えるとポカーンとした顔で

「しとらんよ。口元がダラ~ンってなるってどういうこと?」

って言われました(;´∀`)あはは。。。

 

 

8 件のコメント

  • 今日はおつかれさまでした。
    目からうろこの話がいっぱいで、とってもいい時間でしたね。
    レンさんの、画面越しの晴れやかな笑顔がとても印象的でした!

    私も子どもの矯正やら歯ぎしりやらがとても気になってたんだけれど、
    一時姿勢を大事にしながら、様子をみようと思います(^^)/

    • 写真ありがとう!
      うんうん。うんうん。うんうん!
      目からウロコの話やったけど、知っちゃうとめっちゃシンプルで当たり前のことで、今までの自分の感覚が、逆に変でおかしかった。と思えるよ。

      歯ぎしりのことや、子育てのことで「ほっとけば良いんですよ」って言われた時の先生、あったかくて愛だなーって感じたよねー。

  • 昨日はお疲れ様でした。中村さんから井田先生への「ブラボー」が最高で、気持ちを代弁してる!と思ってたら、こんな素晴らしい記事を。もう自分で記事を書くのはやめました(笑)
    夫にも中村さんの記事を共有したら、内容がよく分かったとのことでした。
    歯や体の不調は、日頃の歪みの積み重ねなのですね。体調不良になったら、中村さんの記事を読み返しにきます!

    • あ、こらこらこら。書いてくださいよぉ。うちのじゃまだまだ伝え切れてないですー。おーいっ!本部のみなさ~ん、菅野さんのお尻ペンペンしてやってつかぁさーいっ(笑) 

      いやはや、あとですね、井出先生が、真実に気付いちゃったばっかりに、歯医者とは話が合わなくなったっていう物語も私、好きでした。なんつうか、孤高の戦士って感じでえらくカッコよく見えませんでしたー?(^o^)

      • いやもう、中村さんの記事最高ですから!!
        孤高の戦士!確かに!歯医者とは話が…は強い人だなぁと思いました。カッコいいですね。お母さん大学も井出先生の考えるも、もーっと沢山の人に伝わったらいいのに!!!!と思います。

  • いやもう、中村さんの記事最高ですから!!
    孤高の戦士!確かに!歯医者とは話が…は強い人だなぁと思いました。カッコいいですね。お母さん大学も井出先生の考えるも、もーっと沢山の人に伝わったらいいのに!!!!と思います。

  • 「先生、選んで」「先生、こう言って」って分かります~!
    信頼できそうな先生なら、その答えを知りたい!って思いますもん。
    この講座中に、子どもに話しかけられるわ、私自身の理解がわるいのおか、なかなか聞いてても分からない部分もありましたが、中村さんの話でなんかそういうことかぁ~って分かって来ました。お尻の穴をぎゅっと締めての部分、行ってる整体の先生にも言われました。整体でもここが痛いと言うのとは違うとこ触られて、何か運動したらいいか聞くと、それより呼吸が大事と言われ、「そんなこと~?」って思ってましたが、なんか体全体がつながってるんですね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    中村泰子

    12、9、6歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。