食べると作る

食ということを考える時、飽食文化に慣れてしまった私達日本人。

反対側には世界で飢餓に苦しむ人たちがいる。

日本だって戦前戦後すぐは飢餓状態だったことを知っている世代は年々減っていく。

私も母から食料事情に苦労した話を聞かされたけれど、私が苦労した経験はない。

漬物をつけたり、にわ鳥や魚をさばく母の姿を知りながら、徐々にお店に依存して

行く時代が高度成長時代である。

働く母であり家事をこなす母に何も手伝いなどしなかった私に対して

何も要求しなかった母。

その姿を見ながら、「ああ、女って大変だな・・・毎日、あんなふうに過ごすなんて。

何より毎日食事メニューを考えて家族のために作る母ってえらいな・・・」であった。

そんな私が結婚したら毎日食事作りをするようになる。

料理本を見るのはなんでかとても好きだったので、料理本を揃えそれを見ながら

挑戦したりするけれど、写真と味の違いにも気が付かされた。

その時言った夫の言葉は「書いてある通りにしたら美味しいはず・・・」

料理をするようになった夫が言った言葉は「少々の意味が分からん。ちゃんと数字で

あらわせないんか?」から始まりこの頃では「調味料の量は同じようにしたら

口に合わんときがある・・・」

やっとわかったか!

いやいや、自分で経験しないことにはわからんよな~であった。

そして2,3日前のこと、久しぶりに娘からのメールである。

「毎日料理を作るようになってわかったわ。

食事を作る人の気持ちが。

文句ばっかり言ってたな~って、お菓子食べてお腹が一杯だからご飯はいらん・・・

今頃なんやけど、お母さんごめんな。」

ここにもいた!

やっとわかったか!って言えないのは私だって同じだったから。

ABOUTこの記事をかいた人

池田美智子

読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。 令和元年、初孫誕生でパワー再燃中