かわいそうな貝

先日のひな祭りでのお話。

普段は晩御飯の時出るのはたいていお味噌汁のわが家。
貝のおすましは、特別な日のメニュー。

次女はたまに出るあさりのおすましが好きなようで、「おかわりしていい?」と聞く。

お父さんがまだ帰宅していなかったので、「お父さんの分残して、少しやったらいいよ」と言うと、
「汁だけでいい」と言う次女。

そして、殻から外れてる貝があったらしく、一つだけ入れて来た。
「かわいそうな はだかんぼうの貝、入れてあげる」だって。

ABOUTこの記事をかいた人

戸﨑朋子

MJプロ。 11歳(小5)と7歳(小2)の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。