水仙フェスティバル

家の近所の水仙フェスティバルへ。

昨年11月中旬、娘達が地域の人と植えた水仙が3月20日頃に満開に!
黄色で目を引く光景は思わず人が引き寄せられていってました。
(水仙は10日ほど咲いていました。写真は咲いていた頃の写真です。)

地域の方が「咲いちゃった」と言ってたから、何かあるのかと思ったら、このフェスティバルを予定してくれていたかららしく。そこはグリーンアドバイザーの方のアイデアで、その公園の四季折々の写真と子どもの絵を飾ろうってことに。見知った公園でも、時間帯によっては、こんな表情も見せてくれるのかと他の方の写真で発見。

コロナ禍なので、食を使ったイベントはできないけど、お花を使ったワークショップがあるとかで楽しみでした。
お花はなんと地域の4小学校から寄付で頂いたらしく、大量のポットが集まってました。ミニカップにお花を生けるのと、スワッグといって壁に飾れるお花作り。皆で作るとインスタ映えスポットの出来上がり。
(ちょっと皆が持ってった後で撮ったので、少し少ないけど。)
コロナ禍で、せっかくのイベントも子どもが少な目。
でも、余ってはもったいないとお花をたっぷり使うワークショップ、贅沢でした。

こんな公園にしたい!と皆で作り上げてる姿が素敵です。

やっぱりお花は人にエネルギーを与えてくれます。

2 件のコメント

  • えーーーー素敵なイベントーー
    近かったらぜひ行きたいです。
    バラとかつつじとかはよく聞くけれど、水仙っていうのがいいですね♪
    ほんとに、お花は元気をくれる♪

    • 近かったら来て来てって言いたくなります~。
      学校でチラシ配ってくれた割に、この日は子どもの参加者少なかったんです。もったいない。
      コロナ禍なので、あんまり宣伝できないんですがね。

      私も水仙畑ってあまり見た事ないかも。黄色っているのが大好きなお花の色で、エネルギーもらえます。
      わたし版にもこのこと書いてたけど、そっちをアップするの忘れてたー。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    戸﨑朋子

    MJプロ。 10歳(小4)と7歳(小1)の女の子がいます。 子どもが生まれて、今までに感じた事のない気持ちやを感じて幸せだったり、ダメな自分を突き付けられる思いがしたり。 何があろうと思うのは、子どもが生まれて良かった。 色んな思いを綴れたらと思っています。