BABYINCARBABY

今から3年前。

三女の入園式の日に

「もう取っていいんやない?」

車に貼っていた“BABY INCAR”のステッカーを指差しながら、パパが言ってきた。

そのステッカーは、今年12歳になる長女が産まれた時に買ったものだ。「お洒落なやつより、赤ちゃんが載っていることが分かりやすいものが良いよね?」「外国人もおるけん、英語が良いかな?」「色がハッキリしとるのが良いよね?」初めての赤ちゃんのために、このなんてことないフツーのステッカー1枚買うだけで、随分悩んだんだよなぁ(;´∀`)

貼るときは、ふわふわしてドキドキして、あ~~~~~ついに私にも貼る日が来たんだと、人知れず喜びを噛み締めていたよね〜。と同時に、運転オンチな自分だから、このシートの赤ちゃんに「私達をどうかお守りください」と願掛けもしたよなぁ。

だからかな?なぜだか剥がすと、色んなことがパッと消えてしまいそうで、その時の私は、パパの提案に聞こえないフリをしたんだよね。

あれから3年、三女は小学生になった。

ビリッ!

取った。

ふわっと、なんだか体が軽くなった気がした。ちょっと清々しい。

すると!

小学3年生の次女が、びっくりした顔で

「なんで剥がしたとー???」と聞いてきた。

ふふふ。もう赤ちゃんおらんやん?って言ったら

次女「えー?まだおるやーん?」とのこと。

私は、「どこにいるんでちゅかー?あなたが赤ちゃんでちゅかー?」と次女を、こしょこしょして二人でふふふーと笑った。

そこへ、小学6年生の長女が来て、

「あ!なんで剥がしたとー?」

同じことを聞いてきた(笑)

自分たちが赤ちゃんだった頃、妹が赤ちゃんだった頃は、もう、遠い遠い昔になったんだよー。大きくなったみんなと一緒に、BABYINCARBABYちゃんと、ばいばいできて、嬉しい。

BABYINCARBABYちゃん、うちの子たちが、赤ちゃんじゃなくなっても、だいぶ長いこと、うちらを守ってくれてありがとうね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

11、8、5歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツアなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。