画像はお見せできませんが、、、  そのニ

朝ご飯の片付けをしてたら、バンって音がした。

もしやと思って窓の外をみたら、やっぱり。

下に小鳥が落ちていた。

お山に住み始めて4年。

そして、衝突事故でお亡くなりになった鳥さんを埋葬したのは5回以上。

それは、決まって春。

人も春になると浮き足立つって言うけれど、鳥さんも注意散漫になるのかなぁ、なんて考えてたら、

「あなたも気をつけなはいよ。春やなかっても、いろんなもんにぶつかる人なんやけん。」

と、母の声が聞こえたような気がした。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし3年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。