お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

金曜日の根比べ

年少次男、自分の思い通りにならないと泣きわめく。

あまりにもうるさいので、
根負けして言うことを聞いてしまうことも多々あるのだが、
今日はどうしても負けたくなかった。

幼稚園から帰宅後、
「プラレール作って」と言い出した。

めんどくさい、果てしなくめんどくさい。
絶対作りたくない。
今日の私は朝からダルおもなのだ。
プラレール、一度作り出すと、凝ったものを作らないと文句言い出すし、
今日はほんとに絶対イヤ。

すると案の定ギャン泣きしだした。

しばらくして、長男が学校から帰ってきた。

「おにーちゃん、プラレール作って!」
「やだよ、疲れてるもん」

長男はそそくさと2階に逃げてしまった。

ああ、長男よ、母を助けてはくれなかったか・・・
さらに響き渡る次男の泣き声・・・

私の中で、2人の私が葛藤する。

プラレール作ってあげなよ。
いや、でも私だって嫌なときは嫌。

私は子どもの奴隷じゃない。
なんでもかんでも言うこと聞きたくない。

ぐるぐるぐるぐる・・・

泣き続ける次男。ああうるさい。

もう作ってやるべきか、
でも作りたくない、だるい。

ここまできたらもう、根比べ。

泣きわめく次男を横目に、淡々と夕ご飯の支度をする私。

30分くらい経っただろうか、
次男が静かになった。

寝てた。

根比べは引き分けか。

3歳児をそこまで泣かせるなんて、大人げない。
プラレールくらい作ってやればよかったじゃないか。

そんな世間からの声が聞こえてきそうだ。

だけど、私だって人間なんだ。
お母さんは聖人君子じゃないんだ。

布団に寝かせるために抱っこしたら、また少し泣き出した。
ぎゅっと抱いてトントンしたら、すーっと寝た。

おいしいハンバーグ作るから、許してよ。

10件のコメント

世間の声もいいけどご自身の声を大事にするって
大事、母だって毎回毎回無理な時だってある
ほんトーにお疲れさまです
こんくらべ、そして体力発散して
寝かしつけたてことで、花丸ですよー。

3歳児との根比べ、ほんと疲れます・・・
なるべくなら希望をかなえてあげたい気持ちと、
いやいや、無理無理・・・という気持ちと。
毎回葛藤です。
でも、自分の声を大事にするのも、大切ですね。
花丸いただけてうれしいです☆

同感です!!
お母さんだって、無理な時もやりたくない時もある。
わたしなんかだと、自分でやりなよって言って、ざーってレール出しちゃうかも。
まだ無理なのかな?
じゃあ、レールを紙に書いてみてとか?
そこで走らせるとか?
我が家の子、プラレールにだだハマりせず、どっちかというとミニカー派(末っ子はカーズ)とポケモン指人形派だったから、片付けも簡単で、ひたすら一列に並べて横から眺めるとか、ひとりで遊べてなぁなんて思いました。

プラレール大変なんですね。
プラレール記事他にも天野さん書いてましたよね。
なかなか手強いですね〜。

「自分で作ればいいじゃん」と言ったのですが、
「おかーさんに作ってほしいのー!わーん!(号泣」と埒が明かず・・・
次男は結構こだわりが強いので、
こうしたい、こうしてほしい、と思ったら、もう譲らなくて・・・
ミニカー派!ある意味うらやましい!
そうなんです、うちは家族そろって鉄道好きで、
家の中は鉄道だらけです・・・
私が運転できないせいで、どこに行くにも電車とバスだからだと思います(笑)

お母さんだって人間だもの。疲れてできないこともありますよ。プラレ-ル作りは、頭を使うから元気じゃないと大変です。

私は、元気な時は何でもできそうだと思う。でも、体調悪いと休んでばかり。子どもたちにあれやって、これも。と頼んでいます。
おやつを作ってあげるなんて、いいお母さんです!

そうなんですよ!
プラレール、頭使いますよね!
適当に作れないから、ほんと疲れる・・・
私も波が激しいです。
元気があるときははりきってレールつなぐのですが(笑)
ごはんつくりやおかしつくりなど、自分のやりたいことに対する気力はあるのですが、
やりたくないことに付き合う気力はなかなか湧きません・・・

かけひきしまくり!
長男もこれくらいの年の頃は、同じようにギャン泣きしてて、
私もブチ切れてカバン蹴っ飛ばしたりとかしてたから、
多少は私成長したのかしら・・・(苦笑)

こんな日があるから、なかなか思うようにならない人生を学ぶ。

こんな日があるから、ママがギユッとしてくれる。

こんな日があるから、おいしい半バークが食べられる。

こんな日があるから、夢の中で、楽しく遊ぼう。

こんな日があるから、ママは、記事を書ける。

と、声なき息子の声が、聞こえたよ。

コメントを残す

ABOUT US
天野智子
MJプロ/みそまるマスター/お母さん大学岡崎 代表/ 小学6年生と幼稚園年長の男の子2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 旧家の農家の跡継ぎ長男の妻として敷地内同居中。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。