母の味、冷凍バナナ。

ふと思って、冷凍バナナを作った。

バナナに割り箸刺して、アルミホイルに包んで冷凍するだけのもの。

作ったことはなかったのだが、
昨年の夏に実家に帰った時に、冷凍庫に入っていて、
母が息子たちにあげていたのを見て、
とても懐かしくなった。

私が子どもの頃は、いつも冷凍庫に入ってたなあ。
最初はカチカチで噛めないけど、
だんだん溶けてくると、シャクッって噛めて、
でも中はとても冷たくて、口の中がキーンとなる。

夏だ。冷凍バナナの季節だ。

そう思って、今年は作ってみた。

息子たちは、冷凍庫を開けてこれを見つけると、
ビリビリとアルミホイルを破いて、バナナにかぶりつく。

お母さん、昭和の思い出は令和の子どもたちの思い出にもなりそうだよ。

ABOUTこの記事をかいた人

天野智子

MJプロ1期生。 小学4年生と幼稚園年少の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。